『Zero Strain(ゼロ・ストレイン)』海外レビュー翻訳まとめ。海外の反応&ユーザーレビュー

3.5
Switch

『Zero Strain(ゼロ・ストレイン)』とは、Nintendo Switch、PS4、Xbox One向けのアクションシューティングゲームです。

攻撃と防御の両方の戦術が必要なトップダウン視点のアリーナ型シューティング。

Switch、PS4、Xbox One版は2020年8月20日発売、Steam版(日本語未対応)は2019年6月19日に発売しています。

ゲームの特徴

『Zero Strain』は高速で展開するトップダウン視点のアリーナ型シューティングです。待ち受ける試練を生き抜くためには、攻撃と防御の両方の戦術が必要です。ネオンカラーのワイヤーフレームで描き出されるこの激烈なシューティングアクションにはMOBA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)の要素を取り込むことで独特かつ満足感の高いゲーム体験を実現しています。

• MOBA要素を取り込んだ戦闘では、攻めと守りのバランスが重要です!

• 様々なバリエーションを持つ自機は、それぞれ3つのユニークな武器とパッシブアビリティが搭載されています。

• 効率的にダメージを与え、ウェポンのチャージを貯めていきましょう。

• 弾幕シューティングのように画面を埋め尽くす敵弾を回避してください。

• 手ごわいボスと渡り合うには観察と戦略の柔軟な適応が必要です!

Zero Strain – Launch Trailer | PS4
プラットフォーム Steam/Switch/Xbox One/PS4
ジャンル シューティングアクション
プレイ人数 1人
価格 1,000円
メーカー(開発元) eastasiasoft
リリース日 2020年8月20日

海外サイトの総合評価

Zero Strain(ゼロ・ストレイン)
7 / 10 レビュワー
{{ reviewsOverall }} / 10 ユーザー (0 ユーザーの評価)
B総合評価
グラフィック7.5
サウンド6
操作・快適性7
面白さ・リプレイ性7.5
Great

独自性の高いアリーナシューティング

バリエーション豊富な武器と自機

攻守のバランスに優れた戦闘

Bad

操作に慣れるまで時間がかかる

何度も必要なリプレイ

解説

海外の反応は、「eastasiasoft」から発表されているシューティングゲームの中では、独自性があって非常に良い。

進行に合わせたユニークな武器や新しい自機の追加で面白さは増していく。

何度もステージをリプレイする必要があるシステムは、ちょっと大変だが、洗練されたゲームであることには違いないという評価です。

レビュー自体は少ないです。

海外ゲームレビューの評価まとめ

海外レビューはPS4版を参考に要訳しています。

攻守の絶妙なバランスで一線を画すアリーナシューティングゲーム

SCORE 70/100

PlayStation Countryのレビュー

Eastasiasoft」は、多数の縦スクロールシューティングをのシリーズを発表してきたが、「Zero Strain(ゼロ・ストレイン)」は、今までのシリーズとは一線を画する作品です。

一種のアリーナシューティングゲームで、狭いエリアで敵を撃退していくステージ、巨大なボスと対決するステージ、敵の波からターゲットを守るステージで構成されています。

操作方法は、ツインスティック操作かと思いましたが、そうではないです。

ボタンを押せば、近くの敵を自動でロックオンして攻撃してくれます。慣れるまでが大変かもしれません。

この操作は、敵に少しでも近づかなければ有効でないので、リスクがあり、3つのユニークな武器とアビリティは、絶妙なゲームバランスをもたらしています。

ステージをクリアすると、新しい自機のロックを解除アップグレードすることで、どんどん面白さが増していきます。

次のステージに進むためには、敵が落とすセルを集めてロックを解除する必要がある。これは新しい自機でクリアした時のみ獲得できるので、何度も同じステージを違う自機でプレイする必要があり、最初の方は、これが上手く機能している。最後はイライラする。

難易度はかなりのもので、シールドされた敵や、敵の数に圧倒されますが、いつの間にか夢中に遊んでいることに気づきました。

ネオレトロな雰囲気のビジュアルは、明るく大胆で、とても1人で開発しているとは思えないほど素晴らしいです。

音楽は少しハイパーなエレクトロニック・サウンドで少し困惑する。

とはいえ、「Zero Strain(ゼロ・ストレイン)」は、「Eastasiasoft」のシューティングゲームの中で最も洗練されたゲームであり、お買い得感のある良ゲーだ。

確かドリームキャストのゲームで似たようなのが合った気がして、独自性があることが私たちが好きなゲームだ。

  • ユニークなシューティングゲーム
  • 自機の違いによるバリエーションの豊富さ
  • 攻守のバランスの良い戦闘
  • 企画として素晴らしい
  • 極端な難易度
  • 最初は操作に慣れるのが大変
  • 視覚的に弾幕が見えにくい時がある
  • 何度も同じステージをクリアする必要がある
Ash
Ash

対戦ゲームではないが雰囲気は「閃光の輪舞」を彷彿させるビジュアルですね

ユーザーレビュー

ユーザーレビューは自由に投稿できます。メディアやメーカーの意見にとらわれない、ユーザー評価も参考にしてみて下さい。投稿が初めての方は、レビューの利用方法をご確認ください

{{ reviewsOverall }} / 10 ユーザー (0 ユーザーの評価)
グラフィック0
サウンド0
操作・快適性0
面白さ・リプレイ性0
みんなが言うには... あなたの評価を残してください
Order by:

Be the first to leave a review.

User Avatar User Avatar
Verified
/ 10
{{{ review.rating_title }}}
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

This review has no replies yet.

Avatar
Show more
Show more
{{ pageNumber+1 }}
あなたの評価を残してください

Your browser does not support images upload. Please choose a modern one

コメント

タイトルとURLをコピーしました