『ウインドバウンド』海外レビュー翻訳まとめ。海外の反応&ユーザーレビュー

3.5
ゲームレビュー

『ウインドバウンド』とは、Nintendo Switch、Steam、PS4、Xbox向けのアクション・アドベンチャーゲームです。

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の影響を受けた、ローグライク要素のあるオープンワールド型のアクションアドベンチャー。

Switch版、Steam版、PS4版、Xbox版共に2020年8月28日発売です。

ゲームの特徴

内に潜む秘密を解き明かそう

独りぼっちの旅に漕ぎだし、禁じられたのどかな島々の秘密を解き明かしましょう。島それぞれに、謎を解く鍵と新発見が秘められています。

目に映るあらゆる範囲を探検しよう

水平線に向かい、島の向こうに足を進めましょう。島にはそれぞれ独自の野生動物や地形、対峙すべき困難が待ち受けています。

食料を現地調達

厳しい島の環境で様々な資源を探して、色々な道具や武器をクラフトし、野生動物を狩ってボートをアップグレードしましょう。資源が底をついて来たら、帆を揚げて出帆しなくてはなりません。

完璧な船舶を作ろう

冒険の鍵を握るのがボートです。自分だけの特別な船を注意深くクラフトして、気まぐれで危険な海に漕ぎだし、島から島へと移動しましょう。自分のボートを設計して激しい風、荒ぶる波、危険な海の生き物に立ち向かいましょう。

Windbound – Mural Story Trailer [ESRB]
プラットフォーム Switch/PS4/Steam/Xbox
ジャンル アクションアドベンチャー
プレイ人数 1人
価格 Switch-2,950円 Steam-3,050円
メーカー(開発元) Koch Media
リリース日 2020年8月28日

海外サイトの総合評価

ウインドバウンド
7 / 10 レビュワー
{{ reviewsOverall }} / 10 ユーザー (0 ユーザーの評価)
B総合評価
グラフィック6.5
サウンド7
操作・快適性6.5
面白さ・リプレイ性8
Great

繰り返し遊べるサバイバルアクション

心地よいサウンド

セル画調のアートスタイル

Bad

フレームレートが低下する時がある

繰り返し遊べるが単調になる

解説

ゼルダの伝説:ブレスオブザワイルドの影響を濃く受けたサバイバルアクション。

ランダム生成される島々、資源収集やクラフトシステムは楽しく、戦闘は平凡。全体的に落ち着いた雰囲気の世界観。

Switchへの移植は素晴らしく、多少フレームレートの低下があるがゲームとしては光る部分はある

海外ゲームレビューの評価まとめ

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドに強く影響を受けたゲーム性

SCORE 85/100

NintendoWorldReportのレビュー

このゲームは、コアとなるサバイバルベースのゲーム性は、『Don’t Starve』や『The Raft』のようなよくすらてた現代の名作を思い起こさせます。

その一方で、全体的には三人称で、セーリングを重視したプレイは、ゼルダの伝説シリーズや『ウィンドウェーカー』を思い出させます。

ウインドバウンドは、その神秘性、チャレンジ、そしてビックリするくらい完璧なSwitchへの移植は、素晴らしいものだ。

主人公である女性のカーラは、嵐で遭難し不思議な島へ漂着する。最初に持っているナイフだけで資源を集めたり、を登ったり武器アクセザリー、船を作っていくのが目的となる。

資源集めは、最初は簡単ですが物語が進行するにつれて深みがましてきます

イベントリには限りがありますが、コンテナを船に装着することで、より多くのものを収納できるようになります。

安全にプレイするのは簡単ですが、恐ろしい野生動物を攻撃して肉や角などのレアドロップを手に入れるというリスクある狩りも楽しめます

もちろん、そうすることには代償があります。難易度は2種類。サバイバルと物語だ。

サバイバルでは、一度死んでしまうと、一定のアイテム以外すべて失い、所持品だけで最初からスタートすることになります。

物語は、所持品をすべて保持したまま、現在の章の最初に戻るだけです。さらに、2つ目の難易度では戦闘が少し楽になっています。

どちらのスタイルも、それなりにタフで楽しいもので、厳しいチャレンジをしたい人を満足させてくれます

それは、ブレスオブザワイルドのマスターモードと基本ゲームの違いに似ています。

各章の移動は、資源を求めて島を探索、新しい武器や装備、アクセサリーを作って、また新しい島を探して航海を繰り返します。

緊張感やストレスを感じることもありますが、意外と落ち着いたゲーム性はゼルダと比較しても悪くないです。

また、ゼルダのように色々な能力を駆使して攻略する必要があります。

帆走は、早く移動するために風を利用するため、帆を上げたり下げたりの操作がありますが、これがなかなか難しいです。

そして各章で手に入る資源には限りがあり、空腹スタミナメーターは時間とともに減少していくため、同じ島でダラダラと過ごすわけにも行かず常に前進し続けられるように練られたシステムです。

音楽は素晴らしく、ボートの上で穏やかな波と一緒に楽曲は非常に心が和みます

SwitchのTVモードも携帯モードもビジュアルは素晴らしくよく移植できたなと感心してしまいます。

ただ、描写距離が制限されているため、島を探すのが苦労した場面はありました。

また、アクションが激しくなるとフレームレートが低下することがりましたが、プレイにはそれほど影響ありません

ウインドハウンドは非常に多くの異なる要素のバランスを取ることに成功しています。時には不安定な状況に陥ることもあるが、ゲームの世界は調和していて、探索がクラフトにつながり、戦闘が資源の獲得につながり、航海が穏やかな中間地点を提供しています。

すべての要素がうまく調和していて、このゲームはSwitchで特別なゲームになっています。

  • バランスのとれた難易度選択
  • 素晴らしいサウンドトラック
  • 調和のとれた繰り返し遊べるサバイバル中心のゲームプレイ
  • 優れたSwitchへの移植
  • スマートに設計された資源収集・クラフトシステム
  • 小さなフレームレートの問題
  • 帆走は少しコツがいる
明らかにゼルダの影響を受けたオープンワールド型のアクションアドベンチャー

自由度の高い進行は、サバイバルゲームファンにオススメ

SCORE 70/100

Nintendo Lifeのレビュー

サバイバルのジャンルは何十年も前から存在していますが、過去10年間にインディーズゲームの開発が目立つようになり、サバイバルゲームがメトロイドヴァニアやローグライクなジャンルと同様に、ルネッサンスのようなものを体験しているようです。

ウインドハウンドは、このサバイバルゲームの長い系統における最新の参入者であり、「The Legend of Zelda:Breath of the Wild」からの明らかな影響を受けています。

すべての比較を除けば、Windboundはそれ自体が立つのに十分な生存メカニズムを実装しています。それは、すぐに購入することをオススメするゲームではありませんが、調べる価値がある楽しい体験があります。

ザックリ説明すると、この物語は古代文明の興亡についての物語であり、最初の遭難のきっかけとなったクラーケンは、良い多くのバックストーリーを持っています。

このゲームは、一見するとローグライクのサバイバルゲームであり、食料やクラフト材料を探し続けるという意味では「The Legend of Zelda:Breath of the Wild」の影響が色濃く現れていると言えます。

技術的に進んだ古代文明の石畳の遺跡を探索したり、蛇行しながらも控えめなオープンエンド探索の感覚は、確かに任天堂のオープンワールドアドベンチャーの代表作を思い起こさせます

そうは言っても、基本的なメカニックには謎解きはなく戦闘も最小限に抑えられているため、類似点はほとんどそこに留まっている。

主人公カーラの冒険は、いくつかの点でリンクの冒険と似ているが、彼女の主な闘いは、常に自然そのものと、自然がその住人を不当に扱う不親切な方法との闘いである。

基本的な流れは、5つの章で構成されていて、島々の間を航行して、ゲートを開錠するアイテムを見つけて先に進めていくのが主な目的となります。

島はランダムに生成されてマップの周りに点在し、そこから手に入る資源も予測不能です。

この予測不可能性がウインドハウンドが提供する最も楽しい緊張感の源になっており、数時間は夢中になれます。

基本的に飢え以外には、行動に焦りや緊張感がないので、のんびりとしたペースで島々を探索し風にのって船を走らせるが、これから繰り返しになると少し冷ややかな気持ちになる。

アートスタイルがリンクの冒険をほぼ完璧に反映しているので、プレゼンテーションもゼルダの影響が強く感じられる部分です。

キャラクターはリアルなプロポーションを持っていますが、全体的に漫画のようなセル画調のようなアートスタイルで、楽しませてくれます。

モンスターのデザインはほとんどがキュートで、世界自体が明るくて多様な色使いで、海の風景を視覚的に面白くしている。

結論、ウインドハウンドは期待していたようなゼルダ系アドベンチャーではないが、数時間歩き回っても楽しいサバイバル体験を見事に実現している。

自由度の高い進行、気持ちの良いアートスタイル、ゆったりとしたペースなど、サバイバルジャンルのファンにはお勧めしやすい作品だが、反復性の問題があるため、良作とは言い難い

それでも、ここで提供されているものに間違いはないので、一度見てみるのもいいかもしれない。

  • オープンエンドの進行
  • 素晴らしいアートスタイル
  • リラックスできるペース
  • 長い目で見ると繰り返し
  • ペース配分はマシかもね

ユーザーレビュー

ユーザーレビューは自由に投稿できます。メディアやメーカーの意見にとらわれない、ユーザー評価も参考にしてみて下さい。投稿が初めての方は、レビューの利用方法をご確認ください

みんなが言うには... あなたの評価を残してください
Order by:

Be the first to leave a review.

User Avatar User Avatar
Verified
/ 10
{{{ review.rating_title }}}
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

This review has no replies yet.

Avatar
Show more
Show more
{{ pageNumber+1 }}
あなたの評価を残してください

Your browser does not support images upload. Please choose a modern one

このゲームが好きな方にオススメ

リンク一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました