【海外レビュー要訳】『スパルタン・フィスト』(Spartan Fist)海外の反応

2.5
ゲームレビュー

『スパルタン・フィスト』とは、己の拳でひたすら立ちふさがる敵を殴り倒して、名声、運勢、そして栄光を手に入れる1人称格闘アクションのローグライクゲームです。

プレイするたびに変わるマップを進みながら、カラフルで可愛らしいボクセルグラフィックの世界を探索し、頂点に登りつめよう。

Nintendo Switch向けに2021年3月11日に配信が開始されました。

Ash
Ash

PCやPS4でも発売中だが、Switch版はモーションコントロールを採用した独自の操作方法が魅力の1つとなっている

ゲームの特徴

直富と名声への道を拳で切り開け!

やる時には徹底的にやる、タフな女探偵エマ・ジョーンズとなって、伝説の「スパルタの拳」を手に入れろ!内なる凶暴性を解き放ち、押し寄せる悪漢どもを爆裂するほどに叩きのめせ!さまざまな拳技や不思議なパワーで戦闘スタイルを切り替えろ。力が増すものもあれば、減じられるものもあるので要注意!

この一人称視点のローグライクゲームでは、世界はカラフルでパンクで、クセのあるザラついたピクセルで描き出され、突入するごとに、毎回異なるアリーナが舞台に!リアルタイムの戦闘を心ゆくまで味わいながらトップを目指し、永続的なアップグレードを獲得して、次回の挑戦でのアドバンテージを獲得せよ!

特徴:
• 一人称ローグライクアクションで栄光のために戦え!
• プレイごとに新しいアリーナを探索!
• ボタンでマッシュアップされるコンボで、スキルの限界を突き破れ!
• 敗北を次につなげる、恒久的なアップグレードを獲得しよう!
• さまざまな拳技とモディファイヤーを活用してプレイスタイルを自由に変化!
• オリジナルの「*気*パンク」サウンドトラックでビートに乗ろう!

スパルタン・フィスト公式
Spartan Fist Gameplay Trailer (Official)
プラットフォームPS4/Switch/PC(Steam)
ジャンルローグライクアクション
プレイ人数1人
価格1,480円(税込)
メーカー(開発元)eastasiasoft(Glass Bottom Games)
リリース日2021年3月10日

海外サイトの総合評価

No review box found! Insert a valid box ID.

海外ゲームレビューの評価&海外の反応

ARMSスタイルの喧嘩屋は、残念ながらパンチの効いていない作品

SCORE 50/100

Nintendo Lifeのレビュー ※Switch版プレイ

スパルタン・フィスト」は、一人称視点のパンチャーと説明されているが、良くも悪くもまさにその通りです。ランダム生成されるアリーナが舞台となる本作は、短時間であればそれなりに楽しめるが、操作性が悪く、バラエティに富んでないです。

ARMS」にヒントを得て、Joy-Conのモーションコントロールで戦闘を操作できるようにしたのが、本作の特徴です。しかし、残念なことにモーションコントロールは思ったほど反応が良くなく、必死に手を振り回すだけになってしまいます。

左手の拳をZLに、右手の拳をZRに設定された標準的な操作のほうがはるかにうまくいくことがわかりました。実際の戦闘はとても楽しいです。

戦闘を支援するために、ロックオン機構が採用されており、敵に攻撃を加え始めると自動的にロックオンされます。しかし、残念なことに、この点が本作の大きな欠点となっています。

一人称視点のゲームであるため、右アナログスティックを動かすという本能が働き、ロックオン中は常に敵が入れ替わることになり、一度に一人に集中しようとしているときには腹立たしいものでした。

アリーナは「The Binding of Isaac」や「Enter the Gungeon」のようなゲームによく似た方法でマッピングされています。アリーナの合間には、ランダムに生成される特典が用意されていますが、パワーアップに独自性がなく、同じようなプレイになってしまいます。

結局のところ、このゲームはほとんどの部分で未熟な作品です。ビジュアル面では、ピクセル化されたグラフィックが素晴らしく、特に敵を倒したときに画面いっぱいに広がるブロック状の血(お望みなら虹でも)が印象的です。

  • 個性的なビジュアルとトーンが素晴らしい
  • モーションコントロールは、ギミック的であり追加要素としてはしっかりしている
  • ロックオンの仕組みがうまくいかず、体験が損なわれている
  • パワーアップしてもゲームの本質にはほとんど影響しない
  • 全体的に非常に未熟なゲーム

ボクシングローグライクの組み合わせは、食い合わせが悪かった

SCORE 40/100

Switch Playerのレビュー ※Switch版プレイ

スパルタン・フィスト」はユニークなゲームです。ボクシングローグライクの要素を組み合わせた開発者を見たことがなかったので、これが素晴らしいゲームになるのではないかと非常に興味を持った。

しかし、残念ながらこの作品は、パイナップルとピザのように(賛否両論あると思いますが)、この2つはとても相容れないものなのです。

このゲームで印象的だったのは、ボクセルスタイルのグラフィックです。キャラクターにダメージを与えると、ピクセル単位の血が出て、混沌とした状況の中で、そのキャラクターが負傷しているのがわかり、やりがいを感じました。

Steamでのみ販売されている一人称視点の近接格闘ゲーム「Paint the Town Red」の敵とよく似ています。敵を倒すと、敵の体は地面に崩れ落ち、ランダムな体のパーツがステージ上に散らばります。

トレーラーを始めてみた時、Wii Sportsのボクシングモードをすぐに思い出しました。そして、モーションコントロールを採用していることを知り、とても興奮しました。しかし、軽い入力遅延と腕の痛みを経験した後、すぐに従来の操作に戻しました

「スパルタン・フィスト」は、ローグライクというジャンルの新しい試みとして、最初は面白いと思っていたが、数時間プレイしただけですぐに挫折してしまった。戦闘はすぐに繰り返しになってしまい、最終的には欠陥のあるコンセプトとなっています。

Ash
Ash

モーションコントロールが上手くいっていたら、評価は大きく違ったものになったかもしれない

ユーザーレビュー

ユーザーレビューは自由に投稿できます。メディアやメーカーの意見にとらわれない、ユーザー評価も参考にしてみて下さい。投稿が初めての方は、レビューの利用方法をご確認ください

コメント