『天穂のサクナヒメ』海外レビュー要訳まとめ。海外の反応&ユーザーレビュー

4.5
ゲームレビュー

「天穂のサクナヒメ」は、2020年11月12日(木)に発売の稲を育てて強くなる和風アクションRPGです!

美麗グラフィックで描かれたグラフィック、「ヒノエ島」を舞台に、島を支配する鬼と闘う爽快なコンボアクション、 日本古来の米づくりを深く再現したシミュレーション要素が融合した注目のゲームです。

ゲームの特徴

稲を育てて強くなる和風アクションRPG登場!

美麗グラフィックで描かれる『天穂のサクナヒメ』は「ヒノエ島」を舞台に、島を支配する鬼と闘う爽快なコンボアクションと、日本古来の米づくりを深く再現したシミュレーション要素が融合したユニークな和風アクションRPGです。

・米づくり
日本伝統の米づくりをゲーム史上類を見ない深さで体験することができる。
田植、育成、刈り取りなどの工程を経て立派な米を育てよう。

・アクション
農具を武器として繰り出すさまざまな武技と伸縮自在の羽衣による
縦横無尽な移動を組み合わせた爽快な戦闘が楽しめる横スクロールアクション。

任天堂-天穂のサクナヒメ
Nintendo Switch&PS4『天穂のサクナヒメ』プロモーション映像③
プラットフォーム Switch/PS4/Steam
ジャンル 和風アクションRPG
プレイ人数 1人
価格(DL版) Switch-5,478円 PS4-5,478円
メーカー(開発元) マーベラス
リリース日 2020年11月12日

海外サイトの総合評価

天穂のサクナヒメ
8.8 / 10 レビュワー
{{ reviewsOverall }} / 10 ユーザー (0 ユーザーの評価)
A+総合評価
グラフィック9
サウンド8.5
操作・快適性8.5
面白さ・リプレイ性9
Great

日本の稲作文化にフューチャーした芸術的作品

戦闘はシンプルながら楽しいコンボと操作性

キャッチーな音楽と声優陣の演技

楽しい農作業

Bad

序盤の戦闘は単純

肥料がちょっと説明不足

解説

このゲームは、2人で開発されたとは思えない信じられないクオリティのインディーゲームです。

日本の文化を学べると同時に稲作の大変さや楽しさも学ぶことができます。

戦闘はシンプルながら満足感が強く、探索→米作りの繰り返しがとにかく楽しい芸術的な作品です。

海外ゲームレビューの評価&海外の反応

日本の稲作文化と八百万の神の概念が上手くマッチした芸術作品

SCORE 100/100

Digitally Downloadedのレビュー

このゲームは、芸術の文化を反映した素晴らしい作品です。2D RPG的なプラットフォームと、ハーベストムーン的な農作業の2つの要素を持っています。

ダンジョンを冒険してモンスターと戦って資源を集め、その資源を使って土地を耕して米をたくさん育てる。

システム的に2つの要素がうまく融合していて、すべての項目をチェックして、良いゲームに仕上がっています。

アクションはスムーズでダイナミック、主人公のサクナは機敏で、戦術的なファイターで、コンボや移動システムも充実しているので、あらゆる戦闘が楽しめます

稲作は驚くほど複雑で、何ページにも及ぶデータを確認しながら、水、日光、肥料(自分で混ぜる必要があります)のバランスを完璧に整えて、美味しいお米を季節の終わりに届けようとしています。

このゲームをプレイする前のプレビューの段階で、日本人が米に対して持っている霊的な畏敬の念について話したPVがありました。それは彼らの食生活の主食であり、それを育てるのはいつも簡単ではありませんでした。

日本は山間部に位置する火山国で、田んぼを作るのには難しい地形をしています。山の上にケーキの層のようにきれいに刈り込まれた田んぼが何層にも重なっている写真を見ると、実際に田んぼを耕すのがどれだけ大変か、肉体労働がどれだけ大変かを想像してみてください。

日本人は稲作の過程をとても大切にしていて、神道の精神性と相まって、お米を神のような存在にしています。このレビューの文脈ではこのテーマについては触れませんが、PVの映像ではこのテーマをさらに掘り下げています。

サクナが見事に機能しているのは、日本文化だけではありません。何千年もの歳月をかけて発展してきた日本文化のもう一つの核となる要素は、神という概念です。神道の神々ですが、ユダヤ・キリスト教の全能の神というよりは、自然の力や精霊に近いものです。神は完全ではありません。

実際、日本の神々は、欲情、愛、嫉妬、怒り、無責任、その他の道徳的な失敗を経験するという点で、非常に人間的であると特徴づけられています。

また、日本文化の中でサクナが見事に機能しているもう一つの部分は、日本文化の中でも特に貴重なものとされている物語の伝統です(日本文化は歴史的に最も文学的な文化の一つであり、最初の小説を生み出したとされていますから、それは驚くことではありません)。

サクナは日本の古典的な民話を引用しながら、百鬼夜行のバリエーションを楽しんでいる。日本の物語の伝統を体現し、それを支持しているという点では、決して乾いた埃っぽいものではないが、その中には、抑えきれないサクナから、絶望的で恐怖に怯える侍(戦闘よりも田んぼのことをよく知っている)、鍛冶屋志望の子供、そして興味深いレシピのアイデアを持つ外国人まで、多彩なキャストによるユーモアのセンスがある。サクナは最初から最後まで、あなたを笑わせてくれるでしょう。

このゲームは、たった2人で開発されたという事実には驚かされます。それは、このゲームが非常によくできていて、非常に異なる2つのゲームスタイルを見事に融合させているからだけではなく、あまりにもゴージャスだからです。

2Dのプラットフォームは、例えばVanillaWareのゲームの基準には達していないが、動きや敵のデザインに優雅さがあり、他のゲームよりも創造的で魅力的なゲームであることを示している。

一方、農作業を行う3Dセクションは息をのむほど美しい。日本の田んぼの理想的な写真を撮るために何時間もかけてきた者としては、サクナの成長した田んぼに水が反射していく様子を一日中眺めていられました。

これほど本質的に美しい美的ビジョンはほとんどありませんが、ここの開発チームはそれを釘付けにしました。

このゲームは本物の文化遺産です。エンターテインメント性と魅力の必要性を忘れることなく、ゲームのあらゆる面で日本文化の世界観を伝えることに力を注いでいます。

これまでのゲームへの期待を超えた、受動的なエンターテイメントではなく、より壮大で本質的に価値のあるものを提供してくれるゲームだと思います。

朧村正✕牧場物語を組み合わせたような芸術的なゲーム

SCORE 90/100

NintendoWorldReportのレビュー

2020年の終わりを迎えようとしている今、ゲーマーなら誰もがゲーム・オブ・ザ・イヤーの候補作に目を向けるだろう。

トニー・ホークの『プロスケーター1+2』を倒すのは不可能ではないにしても非常に難しいだろうが、『天穂のサクナヒメ』は少なくとも僅差の2位だ。

最初にこのゲームのことを聞いたときは、「村正:デーモンブレイド」(朧村正)と「ハーベストムーン」を組み合わせたようなゲームに見えた。実際のところ、それは真実からあまり遠くないことが判明した。

サクナ姫は、不死身の仲間たちと一緒に高天原の都・三柱で暮らす甘やかされた女神。彼女は母親のカムヒツキとトラブルになり、低俗界の人間の集団を高尚界に入れたため、(人間の集団と一緒に)ヒノエ島に追放されてしまいました。

ゲームは曜日と季節で構成されており、ヒノエ島を探索し、各ステージで食料などの資源を集め、家に帰ってきて稲作をして養子の家族を養っていくという、バランスのとれたプレイが求められます

ステージでは、大小さまざまなエリアを横スクロールで駆け抜け、糞尿や木材、銅鉱石などを見つけたり、動物を殺して肉やさまざまな資源を手に入れたりしていきます。

戦闘は、「朧村正」の感じが強く、コンボを多用した剣技が多い。サクナはフックショットのようなディバインレイメントを持っており、敵と敵の間を移動したり、敵を自分の方に引き寄せたり、採石場にデバフをかけたりと、ゲームを進めていくうちに様々な使い方ができるようになる

サクナは、軽い攻撃や重い攻撃に加えて、Aボタン(+方向)に特殊攻撃を割り当てることができ、使えば使うほどパワーアップしていく。サクナの得意技は、敵を他の敵にぶつける攻撃で、敵を連鎖させることができ、ドミノ効果を生み出すことができる。

全体的に、戦闘はシンプルだが満足感がある。朧村正との比較は適切だが、サクナが新しい特殊攻撃や能力を獲得するにつれて、時間の経過とともに良くなっていく

さらに、彼女の同胞たちは最終的に新しい服や道具を作ることを学ぶことになり、サクナの戦闘力を向上させることになる。

武器にはそれぞれバフが付いており、探索中に見つけた新しい宝石を装着することで、装備をさらにバフアップさせることができます。また、バフも一定の条件を満たすことでアップグレードすることができます。

各ステージには達成すべき目標がいくつか用意されており、その中には曖昧なものや偶然性のあるものもあり、達成することで “探索率 “が上昇し、新たなステージをアンロックして探索することができる。

つまり、慣れが必要なステージの最後まで到達したからといって、必ずしも先に進むわけではありません。

稲作は、楽しさだけでなく、その奥深さにも驚きました。サクナは、冬の終わりに土を耕し、春に正しい間隔で稲の種を植え、春から夏にかけて積極的に稲穂を育て、収穫した稲を刈り取り、稲を乾燥させ、冬になる前に種を脱穀するなど、あらゆる農作業をこなしていきます。

各シーズンの後には、あなたがどのようにしたかの要約が表示され、来年の作物を改善するための方法を提案してくれます。また、サクナの人間の友人であるタウエモンが効率的な稲の育て方をアドバイスして、サクナがカムヒツキ様に琥珀を差し出すことで、より好ましい天候をもたらすことができます。

食材の下ごしらえもサクナの一面です。様々な料理を作ることで一時的なボーナスを獲得でき、満腹度がなくなると、そのステータスボーナスはなくなってしまいます。

残念ながら後半になると、装備や攻撃力が向上しているので、空腹でも気にならなくなります。ただ、夜には敵が凶悪になり、特定の資源や目標は夜にしかでないので注意が必要です。

このゲームは最終的にはバランスが重要です。探索やアイテム収集と農作業のバランスを取る必要があります。探索と食べ物の選択のバランスを取る必要があります。

サクナに対する不満はあまりない。あるとすれば、肥料の説明が不十分なこと、戦闘は序盤では、それほど深くないということです。

ビジュアルはセルの美学が素晴らしく、稲穂から差し込む太陽の光はいつも素敵です。岩だらけのエリアはあまり好きではなかったのですが、森や川の水系は素晴らしいです。

音楽はキャッチーで、少し反復的ではあるが。声優陣は全員がそれぞれの役柄をしっかりと演じている。

テレビゲームで稲作をこんなに理解できるとは思っていませんでした。稲作は科学であると同時に芸術でもあり、美しく、心を落ち着かせてくれます。

  • 複雑だが果てしなく魅力的なゲームプレイの連続
  • キャッチーな曲と楽しい声優陣で幻想的に見えます
  • 時間が経てば経つほど良くなる朧村正のような戦闘
  • 農業の楽しさ
  • 戦闘は最初のうちは単純すぎ
  • 肥料など農業のいくつかの側面が説明されていない
  • 奇妙な、時折イライラするステージ進行

ユーザーレビュー

ユーザーレビューは自由に投稿できます。メディアやメーカーの意見にとらわれない、ユーザー評価も参考にしてみて下さい。投稿が初めての方は、レビューの利用方法をご確認ください

みんなが言うには... あなたの評価を残してください
Order by:

Be the first to leave a review.

User Avatar User Avatar
Verified
/ 10
{{{ review.rating_title }}}
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

This review has no replies yet.

Avatar
Show more
Show more
{{ pageNumber+1 }}
あなたの評価を残してください

Your browser does not support images upload. Please choose a modern one

このゲームが好きな方にオススメ

リンク一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました