『Rogue Company(ローグカンパニー)』海外レビュー要訳まとめ。海外の反応&ユーザーレビュー

3.5
ゲームレビュー

『Rogue Company(ローグカンパニー)』とは、Nintendo Switch、PS4、Xbox One、PC向け基本プレイ無料のオンライン対戦TPSです。

4対4のチーム制TPSでクロスプレイにも対応しています。

Switch版は2020年10月1日配信、PC版は2020年7月20日に発売しています。

ゲームの特徴

Rogue Companyは世界の命運を背負い戦う、三人称視点の戦術アクションシューターだ。Rogue Companyのエリートエージェントの1人として参戦し、固有のスキルを駆使しながら様々なゲームモードを戦い抜こう。

今すぐダウンロードして無料でプレイ!

Rogue Companyは、無数の武器やガジェット、プレイスタイルが存在するアクション満載のゲームだ。任務はすでに始まっている。修羅場を潜り抜け、身なりを整え、報酬を手に入れろ

任天堂-Rogue Company
Rogue Company – Tutorial: Game Overview
プラットフォーム Switch/PC/PS4/Xbox One
ジャンル アクションRPG
プレイ人数 1人、オンライン2人~8人
価格 基本プレイ無料
メーカー(開発元) Hi-Rez Studios
リリース日 2020年10月1日

海外サイトの総合評価

Rogue Company(ローグカンパニー)
7.1 / 10 レビュワー
{{ reviewsOverall }} / 10 ユーザー (0 ユーザーの評価)
グラフィック8
サウンド6
操作・快適性7
面白さ・リプレイ性7.5
Great

マッチテンポの早い硬派なTPS

豊富な武器と特典が選べる大規模チーム戦

他のプラットフォームとクロスプレイが可能

ジャイロ機能も搭載。携帯モードでもプレイ可能

Bad

現在まだ遊べるモードが少ない

チームのマッチングに問題

目新しさは少ないかも

解説

海外の反応は、人気のオンラインシューターのアイデアを詰め込んだ、ビックリするくらい硬派なTPS。

Switchのプラットフォームに最適化されており、ジャイロ機能や携帯モード、クロスプレイにも対応。

Switchのオンラインシューターはフォートナイトくらいだったので、これからのアップデートや追加コンテンツ次第で人気になる可能性が高いという評価です。

海外ゲームレビューの評価まとめ

非常に硬派で戦術的にもしっかり遊べる。今後の追加コンテンツにも期待

SCORE 70/100

Nintendo Lifeのレビュー

このゲームは、これまでの人気オンラインシューターのアイデアを寄せ集めたもので、『paladins』や『Realm Royale』のクリエイターから期待されている専門知識を駆使して描かれている。

印象的なほどしっかりとした作りになっており、Switchでのプレイはもちろんのこと、今後のアップデートや追加で開花していくであろう、非常に強固なスタートをきっている。

Rogue Company』では、アクションを開始した瞬間から、過去数年間にプレイしたことのある他のオンラインシューティングゲームを思い起こさせてくれるだろう。

チームの航空機に乗ってラウンドを開始すると、武器や特典を購入するための限られた時間が与えられ、『カウンター・ストライク』のように武器や特典を購入してから、『Fortnite』や『Apex Legends』で何千回もプレイしたことがあるように、戦闘に突入します。

ここでは、各キャラクターは危険を避けるためにロールをかわす能力を持っており、プレイヤーは死ぬ前に攻撃を受けてダウンし、チームに蘇生を試みるための時間があります。

このジャンルのファンのためのストアには何の驚きもありませんが、ここにあるものは、ドッキングモードと携帯モードの両方で60fpsのターゲットに固執し、ボイスチャット、PC、PS4、Xboxとのシームレスなクロスプレイとクロスセーブ、そして試合にのんびりとした雰囲気を与える寛大なTTKによって強化されており、あちこちでのクイックセッションに飛び込むのに最適です。

まずモードは2つあり、「デモリション」では攻撃チームと防衛チームに分かれ、目標地点への爆弾設置をめぐる戦いを繰り広げる。

ストライクアウト」では目標エリアを確保しつつ、敵チームのせん滅を目指すことが目的だ。

オーバーウォッチ』や『エイペックス・レジェンド』、『レインボーシックス シージ』と同様に、ここで選択できるローグのキャストには、戦闘中に利用できる特典や武器、特殊能力がそれぞれに用意されている

ショットガンを振り回し、その場しのぎのバリケードを展開してすぐに隠れることもでき、これはEMPやその他のスローダウンを誘発する攻撃に対する耐性を持っています。

現在のお気に入りキャラクターであるダラスは、ターゲットファインダーのスキルで一時的に敵プレイヤーの位置を明らかにすることができ、敵が現在向かっている目的地を把握するのに便利だし、ローニンは近接武器に精通しているが、爆発する弾道ナイフと、敵の監視戦術から身を隠すパッシブ能力を備えている。

13人のローグの中には、このジャンルで期待されているすべての特典、能力、武器がミックスされており、のんびりとしたTTKと、危険を回避しながら角を見て回ることができる三人称視点と組み合わせれば、ここでの試合は緊張感と戦略性に満ちたものになる。

確かに派生的なものが多いが、それにもかかわらず、純粋に楽しいものになるだろう。もちろん、このゲームのすべては良いチームでプレイできるかどうかにもかかっている。

友達のグループを集めて、よく組織化されたチームと対戦するのがローグ・カンパニーの戦術的な醍醐味であり、残念ながら、この点ではHi-Rez Studiosはバランスを取ることや、プレイヤーが脱落したときにできるだけ早くプレイヤーを入れ替えられるようにすることなど、やるべきことがあるのは確かだ。

実際、筆者らがプレイしている間には、ゲームが厳しい状況になるとランダムなチームメイトが常に脱落してしまい、ゲームが脱落者を入れ替えることができず、何度もラウンドを重ねて苦戦するという悪夢が繰り返された。

この問題はパッチで簡単に解決されるはずだが、今のところは数人の仲間と一緒にプレイすることでこの欠点を回避することをお勧めしたい。

Hi-Rezの他の多くの製品と同様に、ジャイロエイミングも搭載されており、特にSwitchを含む全てのデバイスでクロスプレイが可能になっていることを考えると大歓迎だ。

また、腰からの射撃と照準を下に向けての射撃の両方で異なる感度を設定でき、ZLボタンで照準を合わせるまでは完全に無効にすることもできます。

ローグ・カンパニー』は非常に派生的で、確かに今の状況ではシューティングゲームの世界に火をつけるようなことはないだろうが、それでもしっかりと良い時間を過ごすことができるだろう。

4v4対戦は活発でわかりやすく、初心者にも優しい内容で、戦術的な範囲も広く素早くプレイするのにも最適だ。

オンラインシューティングゲームのジャンルでは、かなり地味だが堅実な作品である。

これまでに見たことのないようなものは見当たらないだろうが、ドッキングした状態でも、携帯機でも印象的なパフォーマンスを発揮し、他のバージョンのゲームとのクロスプレイやクロスセーブが可能で、印象的な大規模なローグで豊富なバリエーションと戦略性を提供している。

これは間違いなくHi-Rez Studiosが構築できる強力なベースとなる。さらにいくつかのモードを追加、新キャラクターも続々と追加されれば、Switchではかなりまともな未来が待っている。

  • 豊富なスキル、武器、特典などで遊べるローグの大規模なチーム戦
  • マッチはテンポが速いが、余裕のある TTK([Time To Kill]は1人を倒すまでの必要時間) が、のんびりとしたアーケード感を与えている。
  • ドッキングした状態でも携帯モードでも、しっかりとした60fpsでプレイすることができる印象的なパフォーマンス
  • 他のプラットフォームとのクロスプレイとクロスセーブ
  • 基本無料プレイ
  • 派生性が高く、新しいものやオリジナルのものは何もありません。
  • 現在のところ、ハマるモードは2つだけ
  • チームバランスが悪いと、多くの試合が茶番だ。

Switchに不足しているオンラインシューターに一石を投じる期待作

SCORE 60/100

Switch Playerのレビュー

Switchにはもっと素晴らしいオンライン体験が必要です。

マリオカート8 デラックス』や『スプラトゥーン2』、『Fortnite』などを除けば、素晴らしいオンラインゲームは説明のつかないほど不足しています。

Rogue Company』はこの状況を変えたいと考えています。「Hi-Rez Studios」のこの3人称視点シューティングゲームは、4対4のコンパクトなゲームを提供しており、Switchでは『コール オブ デューティ』のタイトルが不足しているため、すぐに期待が持てそうだ

密なマップで展開されるので、チームメイトに邪魔されることも多々あるだろう。

オンラインタイトルがほとんどeショップでさり気なく配信する伝統に逆行して、『Rogue Company』は2019年9月からのNintendo Directで初めて明らかにされました。

各試合は、両チームが別々の飛行機から戦場に降下するところから始まる。ドロップダウンする前にあなたは、調整された武器、特典やその他の項目を購入するための短いウィンドウがあります。

マッチに勝つための最も簡単な方法は、常に戦相手のすべてを排除することです。

2つの対戦モードがあります。メインモードは、1つのチームが2つのハイライトされたエリアを守りながら、もう1つのチームが前方に押し出して爆弾を仕掛ける「デモリッション」です。

2つ目のモードは「ストライクアウト」で、敵を倒して目的地を制圧するという、よりカジュアルな体験ができます。

ほとんどの試合は数分で行われるため、試合にちょっとした派手さや繊細さを加えるための時間はそれほど多くありません。

これは、マップがすべてかなり密接に結びついているという事実に大きく起因している。

標準的な『コール オブ デューティ』のマルチプレイヤーマップの3分の1のサイズと考えてください。

ゲームのラウンドごとにローグ(キャラクター)を選択しなければならず、デフォルトの武器のラインナップから始まるという点では、常に繰り返しの感覚がある。

理論的には危険から逃れるためのボタンがあるのですが、マップの狭さは、激しい銃撃を受けている場合、自分が逃げられる方法がないことを意味することが多いです。

なので、運良くマップの外側に回り込めば、うまくいけば真正面から相手に会わないので、単純に一回りして進んで、後ろから思わぬところから相手を連れ出すというのが健全なアプローチと言えます。

残念なのは、ゲームが何度もクラッシュして強制終了しなければならなかったことだ。これはオンラインシューティングゲームでプレイヤーの忍耐力を試す最も手っ取り早い方法であり、現在のところ「ローグ・カンパニー」はこのペナルティをスコアで支払っている。

ローグ・カンパニー』は、Switchの次のキラーオンライン体験と考えるには、この初期段階では少し素っ気ない感じがします。

しかし、今後のバージョンアップに期待していきたい作品なのは間違いありません。

ユーザーレビュー

ユーザーレビューは自由に投稿できます。メディアやメーカーの意見にとらわれない、ユーザー評価も参考にしてみて下さい。投稿が初めての方は、レビューの利用方法をご確認ください

みんなが言うには... あなたの評価を残してください
Order by:

Be the first to leave a review.

User Avatar User Avatar
Verified
/ 10
{{{ review.rating_title }}}
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

This review has no replies yet.

Avatar
Show more
Show more
{{ pageNumber+1 }}
あなたの評価を残してください

Your browser does not support images upload. Please choose a modern one

このゲームが好きな方にオススメ

リンク一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました