『Phoenotopia : Awakening』海外レビュー翻訳まとめ。海外の反応&ユーザーレビュー

4.0
ゲームレビュー

『Phoenotopia : Awakening』とは、Nintendo Switch(海外ECサイトのみ)向けのアクションRPGです。

丁寧に作られたドット絵と雰囲気の良いサウンドのメトロイドヴァニアライクなゲームです。

Switch版(海外ECサイトのみ)は、2020年8月20日発売です。

追記:日本語対応「フェノトピア」がNintendo Switchダウンロードソフトとして2020年11月に配信予定です!価格は2,000円(税込)。

日本語読みは「フェノトピア:覚醒」

ゲームの特徴

-魅力的なキャラクター、活気に満ちた町、危険なダンジョンで満たされた物語主導のシングルプレイヤーの冒険。

-10種類以上の武器やツールを使って敵と戦い、パズルを解いていきます。ロケットブーツで飛べ 爆弾で爆発 フルートを吹いてみよう

-50種類以上の敵と12のボスと戦おう。

-秘密がいっぱいの世界 33個のエネルギージェム、55個のハートピース、111個のムーンストーンを見つけよう。

-33個のバッジを獲得できるアチーブメントシステム。

-まろやかなピアノとオーケストラの演奏から、怒涛のシンセ/メタルロッカー、バグパイプまで、60曲以上のオリジナル曲を収録!

-メインキャンペーンのプレイ時間は25時間。コンプリート者は50時間。

-鳳凰の大いなる謎を解き明かそう

任天堂-Phoenotopia : Awakening
Phoenotopia: Awakening – Announcement Trailer – Nintendo Switch
プラットフォーム Switch(海外ECのみ)
ジャンル アクションRPG
プレイ人数 1人
価格 19.99$
メーカー(開発元) Cape Cosmic
リリース日 2020年8月20日

海外サイトの総合評価

Phoenotopia : Awakening
8 / 10 レビュワー
{{ reviewsOverall }} / 10 ユーザー (0 ユーザーの評価)
A総合評価
グラフィック8
サウンド8
操作・快適性8
面白さ・リプレイ性8
Great

丁寧に作られたステージの数々

やれることが多くて飽きない

繊細なピクセルアートに雰囲気あるサウンド

Bad

難易度は高め

オートセーブ機能はない

スタミナ管理は賛否両論

解説

メトロイドヴァニアライクなゲーム性とやりごたえある難易度とボリュームが魅力。

キレイで色鮮やかなピクセルアート、雰囲気の良いサウンドはGOOD!

スタミナ管理が大変、オートセーブがないのが残念、という評価もあるが結論としては、すべてが丁寧に作られた作品という評価です。

残念ながらこのゲームは、海外ECサイトでSwitch版のみ販売されているゲームです

海外ゲームレビューの評価まとめ

落ち着いた雰囲気とは裏腹な丁寧に作り込まれたメトロイドヴァニア

SCORE 90/100

Nintendo Lifeのレビュー

Switchの素晴らしいメトロイドヴァニアの群れの中で際立つには、何らかのゲーム性が必要になります。例えば、「ホロウナイト」、「Iconoclasts」と比較したとき、このゲームは、少し控えめな感じがします。

しかし、その控えめで落ち着いた雰囲気が、このゲームの魅力であり細部まで丁寧に作り込まれたゲームです。

ゼルダ2(リンクの冒険)風のオーバーワールドマップ、巧妙なイベントリシステム、多くの秘密に溢れた2Dアクションアドベンチャーです。

操作方法は、移動、ジャンプ、攻撃と伝統的なものが多いが、楽しくやりがいのあるスプリントシステムもあり、ZLを押して走り始め、ジャンプからの着地時にはスピードを維持するためにもう一度押してして離す必要がある。

これを使えば、より速く地面をカバーしたり、大きな障害物を簡単に跳躍したりすることができます。

最初からこのゲームは、ビックリするくらい難しいです。攻撃は近距離の強打と範囲の広めのチャージ攻撃だが、武器を振るたびスタミナゲージを消費する。

探索がメインのゲームですが、これまで見てきたこのジャンルの他のタイトルとは違った発見があります。

その1つとして地図がありません。それが逆にゲームのテンポを良くしていると感じます。

几帳面に設計されたマップでは、部屋のレイアウトに注意を払い、知的に解決していくパズル的要素があります。

ここにも、ちょっとした調理システムがあります。植物や肉を見つけて、狩りをして、収穫して、生で食べることができます。

しかし、火打石を見つけて火を起こせば、自分の好みに合わせて料理を焼くことができ、追加のメリットを得ることができます。料理ミニゲームを開始すると、頭上で前後に揺れながらボタンを押すというシステムは簡単でやりがいがあります

とにかくこれが楽しくて、可愛くて、「Phoenotopia」の世界に引き込まれる1つの利用であることには違いありません。

見た目のグラフィックは、あまり感心していませんでした。いざ、ゲームを始めてみるとロケ地は美しく色鮮で、背景も素晴らしい!古代遺跡も雰囲気があって、特定のエリアにいる這っているトカゲすら美的センスがあるように思えます。

このゲームには多くの細かいこだわりがあり、豪華なグラフィック雰囲気のあるサウンドが素晴らしい、根気よくプレイする価値のあるゲームです。

  • すべてのステージは慎重に作られている
  • 常に新しい発見がある
  • やりがいがあり飽きない
  • 魅力的なグラフィック&魅力的な音楽
  • おそらく、一部の人には難しすぎるかもしれません
落ち着いた雰囲気からは想像できないくらいメトロイドヴァニアライクなゲーム

かなりのボリュームで難易度も高いが夢中になれるゲーム性

SCORE 80/100

Destructoidのレビュー

Phoenotopia : Awakening」は、ゼルダの伝説の影響を受けつつも、独自のファンタジックな個性を併せ持つ素晴らしいゲームだ。

このゲームは、Newgrounds Flashゲームのリメイクです。システムや物語の多くはリメイクに組み込まれていますが、すべてが拡張されています。

やりこみ要素サブクエストも多く、やりはじめると止まらなくなる面白さがあります。

ボスの戦闘はよくできていて、素早くて強力な攻撃だけど予測不可能ではなく、だんだんと攻略法がつかめる設計になっています。

難易度は「ロックマン」でデフォルトのロックバスターだけでプレイしているようなものです。

物語は未知なものに村人が拐われ救出する話だが、文章の陽気さもあり非常に楽しむことができます最後まで一貫して魅力的です。

クリア時間は25時間と驚異的に長いゲームです。さらにサイドクエストやダンジョンを隅々まで探索しているなら50時間はかかります。

ピクセルアートの表現力は豊かで、それにマッチした音楽、アニメーションや背景も綿密で色鮮やかです。

ただ、不親切さで言えば、セーブシステムは容赦なく、こまめにセーブを心がけないと何度もセーブポイントまでやり直しになる。

それにも関わらず、このゲームに夢中になっていることがわかりました。

審美的には楽しく、容赦なく意地悪だが、愛情を込めて組み立てられた体験ができます。

この世界では調理も楽しめるし、釣りをすることだってできる!すべての要素を遊ぶのに50時間はかかる

美しいアート、すばらしい音楽、愛すべきストーリー

SCORE 70/100

Hardcore Gamerのレビュー

このゲームは、シンプルなアクション2Dスクロールゲームの用に見えますが、あらゆる場所を探索しながら、信頼できるバット片手に敵を攻撃しお金を手に入れ、いろいろな秘密を見つけていくゲームです。

主人公のゲイルは、ほとんどの行動でスタミナを消費。世界に隠されたアイテムを見つけHPをアップできる。

操作は、バットを使った攻撃、走ったり、パチンコやクロスボウなどの武器も使用できる。当然スタミナを消費するので、このスタミナ管理が重要になってくる。

ただ、ボス戦では連続攻撃ができないのが煩わしく感じることがある。

この世界は、意外なことに多くの探索スポットが存在しています。物語で訪れるメインの町やダンジョンの他に、多くの洞窟など探索できる箇所が多いです。

探索では、フルート爆弾といったキーアイテムを入手できる。特にフルートは、特定の場所で演奏することでアンロックされる要素も多い。

食べ物はHPを回復させる貴重な手段だが、食べ物は消費されるまでに一定の時間がかかるのは、戦闘中にイライラすることもある。また、調理することで食べる時間を短縮し、より多くのHPを回復できるのは面白い

Phoenotopia」は、多くの点で初期のファミコンやファミコンのタイトルを彷彿とさせます。

これにはセーブポイントやオートセーブの欠如が含まれており、死亡すると必ず最後にセーブした時の状態に戻ってしまう。このため、セーブポイントに遭遇せずにストーリーを進めていくと、一度の死亡で進行や宝探しを繰り返すことになり、時折イライラすることがある。

言うまでもなく、セーブポイントはボスエリアの外に設置されていないことが多く、同じエリアを何度も繰り返すことになり、さらにボスやチャレンジが完了するまでの間、スキップできないカットシーンを何度も繰り返すことになります。

このゲームが優れている点は、美しいアートスタイル、素晴らしい音楽、そして愛すべきストーリーの3つです。

ピクセルアートスタイルはファンタスティックに詳細に描かれており、エリアには秘密やパズルがたくさんあります。

音楽は落ち着いたエリアではキャッチーで楽しいですが、ダンジョンや危険な状況では緊迫した雰囲気になります。

ストーリーと対話は本当に魅力的で、登場人物たちの滑稽な台詞が最大の見どころの一つです。

結論、『Phoenotopia : Awakening』は、かなり楽しいです。パズルは最大の見所であり、解くためにはかなり考えなければなりません。戦闘は長くなりますが、ボス戦は、歯ごたえがありキャラクターは魅力的で多くの可能性に満ちた作品です。

入手できるアイテムも個性的。それらを使ってパズルを解いていくゲーム性も魅力

探索できるマップやNPCすら多く、そのボリュームに圧倒される

SCORE 60/100

NintendoWorldReportのレビュー

このゲームは、RPGに近く人に話しかけて徹底的に探索するゲームです。ただ、話しかける相手や探索する部屋は膨大なので、最初はそのボリュームに圧倒されると思います。

最初の街から出ると、オーバーワールドのエリアがあり、そこに入ることで「リンクの冒険」のように敵がいる小さなエリアにかわります。

マップでは、走ったりジャンプしたり攻撃したりするとスタミナを消費します。私は、スタミナを見ながら回避や攻撃するのは、ちょっと面倒くさいと思いました。

難易度は難しく、最初のダンジョンのボスには数十回チャレンジしました。

このゲームでは、手に入れた消耗品を火で炙ることで効果を高める調理法があるので、可能な限り調理を行うことが重要です。

進めば進むほど過酷な旅になり、武器やアイテムも効果で、徹底的な探索が不可欠になってきます。また、次に何をすればいいのかを把握するのにも時間がかかり、目的地に到着しても初見殺しがありイライラする要素はあります。

野心的なこのゲームは、多くのことを詰め込みすぎて、ゲームの楽しさや達成感を犠牲にしている気がします。

心地よい音楽ピクセルアートはカラフルで精密な強みで、長いキャンペーンを望む人には、オススメのゲームでしょう。

  • 魅力的で活気に満ちたピクセルアート
  • 実績を含め、やることはたくさんあります
  • スタミナバーは、戦闘を不便にする
  • ガイダンスの欠如
  • NPCが多すぎ、意味のない部屋も

ユーザーレビュー

ユーザーレビューは自由に投稿できます。メディアやメーカーの意見にとらわれない、ユーザー評価も参考にしてみて下さい。投稿が初めての方は、レビューの利用方法をご確認ください

みんなが言うには... あなたの評価を残してください
Order by:

Be the first to leave a review.

User Avatar User Avatar
Verified
/ 10
{{{ review.rating_title }}}
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

This review has no replies yet.

Avatar
Show more
Show more
{{ pageNumber+1 }}
あなたの評価を残してください

Your browser does not support images upload. Please choose a modern one

このゲームが好きな方にオススメ

リンク一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました