『Ori and the Will of the Wisps』海外レビュー要訳まとめ。海外の反応&ユーザーレビュー

5.0
ゲームレビュー

『Ori and the Will of the Wisps』とは、Nintendo Switch、Steam、Xbox One向けのアクションゲームです。

本作は、圧倒的な人気を誇った「Ori and the Blind Forest」の続編となる2Dアクションゲームで、前作同様に海外も絶賛するゲームとなっています。

Switch版は2020年9月18日発売、Steam版は2020年3月11日に発売しています。

前作のレビュー記事はこちら

ゲームの特徴

感動的で引き込まれるストーリー -素晴らしい音楽と共に魅力的なストーリーを追う冒険の旅で、オリの真の運命を解きあかしましょう。

新たな武器と攻撃 - 新たな精霊の武器や呪文、スキルによって、オリの世界にダイナミックな戦闘システムが導入されます

まったく新しいシャードシステム -オリの新たな能力をパワーアップして、自分だけのプレイスタイルをカスタマイズしましょう。

途方もないボスたち - 巨大な敵との遭遇や、スリリングな逃亡劇を楽しみましょう。

新たなキャラクター - 個性あふれるさまざまなキャラクターの力を借りて、謎に満ちたオリの運命を解きあかしましょう。

精霊の試練 - ゲーム中に用意されているユニークなスピードラン競争でランキングのトップを目指しましょう。

任天堂-Ori and the Will of the Wisps
Ori and the Will of the Wisps [Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ 2020.9]
プラットフォーム Switch/Steam/Xbox One
ジャンル アクション/アドベンチャー
プレイ人数 1人
価格 Switch-3,520円 Steam-3,132円
メーカー(開発元) iam8bit(Moon Studios GmbH)
リリース日 2020年9月18日

 

海外サイトの総合評価

Ori and the Will of the Wisps
9.5 / 10 レビュワー
{{ reviewsOverall }} / 10 ユーザー (0 ユーザーの評価)
S+総合評価
グラフィック9
サウンド10
操作・快適性10
面白さ・リプレイ性9
Great

感動的なストーリー

幻想的で美しいグラフィック

最高のサウンドトラック

快適で爽快なアクションのゲーム性

Bad

PC版に比べると若干グラフィックは見劣りする

解説

海外の反応は、前作大ヒットしたゲームの続編ということで期待の高い中で、前作を踏襲しながら最高の作品に仕上げてくれた。

感動的な物語と演出するサウンドトラックは素晴らしいもので、ぜひ体験してほしいとしか言いようがない。

アクション性も爽快でメトロイドヴァニア系として完成度も高い。

Switchの移植でも魅力的なグラフィックは健在。今年の最高の1本になること間違いなしという評価。

海外ゲームレビューの評価まとめ

Switchの中で最高の物語とサウンド、そしてアクション性を備えたゲーム

SCORE 100/100

The Digital Fixのレビュー

Moon Studiosの第2弾『Ori and the Will of the Wisps』がSwitchにサプライズで登場しました。

3月にPCとXboxで発売された『Ori and the Will of the Wisps』は、任天堂ファンの間では「絶対的な名作」と称されていた、雰囲気のあるメトロイドヴァニアのプラットフォーマーです。

前作同様に、物語は心を痛めるカットシーンの切れ目のないシリーズから始まります。

ゲーム操作は、Switchで提供されているゲームの中でも最もスムーズで反応の良いゲームです。

オリは、いくつかの能力をもってスタートし、アップグレード可能なスピリットシャードを取得することで、より多くの能力を得ることができます。

カスタマイズ可能なスピリットシャードシステムは、ゲームが作り出すことができるどんな状況でも、どんなタイプのプレイヤーにも対応できるようになっているのがスゴい

前作からのもう一つの素晴らしい調整点は、より空中に焦点を当てたことだ。

ぶら下がっている電球や敵の投射物、さらには敵自身にも飛びかかることができるテクニックと同様に、自動ホバー攻撃は見事なものだ。

このゲームの全体的な操作性の向上は、最近成功を収めた『Celeste』のようなインディープラットフォーマーを彷彿とさせるものです。

難易度も間違いなくアップしています。特にマップではなく、ボスや脱出シーンでの難易度が高くなっています。

また、ソウルリンクシステム(プレイヤーがエネルギーポイントを使ってセーブするタイミングを選択する)は完全に廃止されて、ゲームは特定のチェックポイントで自動的にセーブするようになっています。

これらのチェックポイントは通常は非常に親切ですが、オリは時々敵の巣の真ん中で復活するので良し悪しはあります。

このゲームが愛されてる理由として、その生き生きとした世界構築にあります。これは、導入されたNPCの量の多さにも起因しています。

オリのマップやスピリット・シャードを売るNPCもいれば、マップの至る所に現れて道を示したり、サイドクエストを開始したりするモキのようなNPCもいる。

特にこのゲームのビジュアルは素晴らしい

今作でも視差スクロールを採用しており、背景のレイヤーが前景のレイヤーよりもカメラの前をゆっくりと移動することで奥行きのある錯覚を生み出している。

そしてそれは、浮遊する空気の粒子の輝き、ダイナミックな色使い、美しいカットシーンの演出などが、スタジオジブリ映画のような没入感のある魔法のようなタイトルに仕上がっている

Switchの比較的限られたグラフィック性能でも、驚くほどの出来栄えです。現在のゲーム機の中では最高のゲームの一つと言っていいだろう。

さらに最高のサウンドの作品かもしれません。このゲームのサウンドトラックは素晴らしいだけでなく、非常に多様性に富んでいます。

メインテーマ前作以上に心を揺さぶるような天使のようなヴォーカル以外にも、実に多彩な管弦楽器と雰囲気が素晴らしいです。

Ori and the Will of the Wisps』は完璧な続編であり、前作の要素を取り入れ、より広大で雄大で心のこもった物語性のあるゲーム体験ができるように微調整されている。

もちろん、Switch版は外出先でもプレイできる魅力的なゲームになっていますが、ここで重要なのはSwitch版『Will of the Wisps』が何をしてくれるかということです。

マルチプラットフォームのゲームがSwitchに移植されても、ハイスペックなゲーム機と同じくらいの印象を残すことができることを証明しているのだ。

前作同様に物語は素晴らしいもの。そしてそれを彩るサウンドも最高だ。

まるでピクサー作品を見ているかのような感動作。ハンカチは必須です。

SCORE 100/100

TheSixthAxisのレビュー

PC版の『Ori and the Will of the Wisps」の発売から半年後、今年最も感情移入できるゲームが切望していたNintendo Switchに登場したのが嬉しすぎる。

このゲームがどれだけ感動を与えたか言葉にするのは難しいです。忘れ去られた風景の時代を超えた絵画のようなビジュアルと、心に染み入るような音楽が、あなたの心の痛みや驚き、喜びを呼び起こしてくれます

物語は感動的で、ピクサー作品のオープニングと同じように、何も言わずにハンカチに手を伸ばすことになるでしょう

今作では、前作の出来事をきっかけに、オリの物語が続きます。

ここは魔法と威厳に満ちた世界であり、葉っぱの茂る緑豊かな森、じめじめとした地下王国、東の山岳地帯の凍てつくような気候などがあります。

この芸術性を説得力のあるゲームに仕上げるために、Moon Studioは古典的なメトロイドヴァニアの方式を採用し、オリの拡張性の高い能力は、あなたが物語を進めるにつれて、たくさんの能力解除が存在します。

Switchへの移植は、ゲームのグラフィック出力は、ドッキングしたときに1080p、携帯モードで720pです。Xbox One X(またはゲーミングPC)からのクリアな4K画像を失うことは、熱烈な解像度マニアの一部を傷つけるかもしれません。

しかし、このゲームのアートスタイルは非常に強力なので、アクションではほとんど違いはありません。

ゲームのビジュアル言語は、どこに行けばいいのか、そこにどうやって行けばいいのか、あるいは新しい能力をアンロックしないと行けないのかを伝えるのに十分なほど明確になっている。

これは現実に引き込まれることを前提としたゲームで、オリの冒険では携帯モードでプレイすることで、ゲームのイベントをより身近に感じることができます。

ヘッドフォンを一組装着すれば、このゲームは良い本のように扱うことができます。

  • 驚異の世界と物語
  • 優れた2Dアクション
  • 今年最高のサウンドトラック
  • グラフィカルな品質の軽量化
古典的なメトロイドヴァニアの方式で拡張性の高いアクションも魅力

豪華なビジュアルと音楽の融合。Switchの携帯モードでも完璧に再現

SCORE 95/100

COGconnectedのレビュー

このゲームは、前作のようにインパクトのある素晴らしい物語の瞬間と、豪華なビジュアルと音楽を融合させながら、オリジナルの体験をより良くするために新しいアイデアを取り入れています。

大ヒット作の続編を作る場合、開発者は少し不利な状況に置かれています。ファンには、最初の体験で気に入ったものを思い浮かべてプレイするでしょうが、同時に、新しいものをプレイしているように感じてもらいたいと思うでしょう。

Ori and the Will of the Wisps』は、この点で完璧なバランスを保っています。

そして前作から引き続きストーリーは素晴らしいものになっている。

その素晴らしい物語は、美しくて心にしみるようなサウンドトラックによって、それぞれの瞬間の悲壮感に完璧にマッチし、強烈な切なさの瞬間を与えてくれる。

感情的なカタルシスを求めているなら、ティッシュが必要だ。

ゲーム性もまた秀逸です。前作同様、メトロイドヴァニア風のプラットフォームで、2Dステージをジャンプして走り、パズルを解きながらマップをクリアしていく。

Ori and the Will of the Wisps』はプレイしていて気持ちがいい操作性です。

マップの新しい部分を発見したり、新たな能力を得てアクセスできなかった場所をアンロックしたりと、いつも不思議な感覚で遊べて楽しいです。

今回は新たに「スピリットトライアル」というモードが追加されており、興奮度もアップしています。

また、プレイしていくうちにNPCからのサイドクエストが増えていくので、全体的にゲーム性がより深く感じられます。

Ori and the Blind forest』がプレイして楽しかったとしたら、『Ori and the Will of the Wisps』は純粋に楽しい。プレイしながら発見できる秘密やクールなものがたくさんあります。

2Dのプラットフォーマーでありながら、「Skyrim」や他のオープンワールドアドベンチャーに匹敵する、奥深くて重厚なゲーム性を常に感じていました。

豪華に描かれたエリアを通過しては、何度も何度も繰り返して、最初には見えなかったものを発見したり、その美しさに感嘆したりする。挑戦と報酬のバランスが絶妙に調整されています。

戦闘は時々挑戦的であるにもかかわらず楽しいです。敵との戦闘は、どの武器で戦えば攻略しやすいか考えたりするのが楽しい

ボタンを押すだけで簡単に武器を切り替えることができるのも気に入っています。

メトロイドヴァニア系のゲームの多くがそうであるように、失敗することが多いのですが、私は十分に楽しめました。

前作は手動セーブに不満がありましたが、今作はこの点で非常に役立つオートセーブ機能が搭載されています。オリジナルが少し懲罰的だったと感じていた人は、この改善を気に入るでしょう。

結論、Nintendo Switchという小さなプラットフォームに、この素晴らしいゲーム性美しいビジュアル音楽のすべてが詰め込まれていることを忘れてはいけません。

これは驚くべき成果であり、開発者はこのゲームを携帯モードで忠実に再現したことを評価するに値する。

  • 感情的にインパクトのあるストーリー
  • 美しいビジュアルと音楽
  • 楽しいゲームプレイ
  • Xbox One版に比べてわずかに美しさが劣る
物語を進める度に新しい発見がある。Switch版は携帯機で遊べるのが良い。

ユーザーレビュー

ユーザーレビューは自由に投稿できます。メディアやメーカーの意見にとらわれない、ユーザー評価も参考にしてみて下さい。投稿が初めての方は、レビューの利用方法をご確認ください

みんなが言うには... あなたの評価を残してください
Order by:

Be the first to leave a review.

User Avatar User Avatar
Verified
/ 10
{{{ review.rating_title }}}
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

This review has no replies yet.

Avatar
Show more
Show more
{{ pageNumber+1 }}
あなたの評価を残してください

Your browser does not support images upload. Please choose a modern one

このゲームが好きな方にオススメ

リンク一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました