『ノー・ストレート・ロード』(NO STRAIGHT ROADS )海外レビュー翻訳まとめ。海外の反応&ユーザーレビュー

4.0
ゲームレビュー

『ノー・ストレート・ロード』とは、Nintendo Switch、PC、PS4、Xbox One向けのミュージックアクションです。

音楽と音で冒険を繰り広げ、リズミに合わせて攻撃する3Dアクションのアドベンチャー。

Switch版、PS4版、PC版(Epic Games Store)、Xbox One版は、共に2020年8月27日発売、海外は2020年8月25日に発売しています。

ゲームの特徴

・ 音楽と音で冒険を繰り広げる3Dアクションアドベンチャーゲーム。

・ インディーズロックバンド「バンク・ベッド・ジャンクション」のメイデイとズークになって、音楽を使った武器と攻撃を駆使しながらリズムに乗ったバトルを楽しむことができます。

・ 敵が音楽のリズムに合わせて攻撃する際、プレイヤーは攻撃、ジャンプ、回避など様々なアクションで自由に応戦できます。

・ シングルプレイヤーでアクション満載のプレイを楽しむことも、友達と一緒に協力プレイでバンドを組んで強敵に挑むことも出来ます。

・ Nintendo Switchでは、ゲーム内の協力プレイモードと連動して、最大3人で一緒に音楽を使ったアクションが楽しめます。

・ Falk Au Yeong、James Landino、Andy Tunstall & Funk Fiction、そしてゲストアーティストとして青木征洋(Masahiro Aoki)、Az Samad、Clyde Rabatel、One Eye Closed、Video Game Orchestraなどの豪華な音楽家が集結したダイナミックなサウンドトラックをお楽しみ下さい。

NO STRAIGHT ROADS(ノー・ストレート・ロード)- ローンチトレーラー
プラットフォーム Switch/Steam/PS4/Xbox One
ジャンル ミュージックアクション
プレイ人数 1人~3人
価格 Switch-5,380円(税込)、PS4-4,980円(税別)
メーカー(開発元) Game Source Entertainment(Metronomik)
リリース日 2020年8月27日

海外サイトの総合評価

ノー・ストレート・ロード
7.9 / 10 レビュワー
{{ reviewsOverall }} / 10 ユーザー (0 ユーザーの評価)
B+総合評価
グラフィック8
サウンド10
操作・快適性6.5
面白さ・リプレイ性7
Great

素晴らしい楽曲

とにかくボス戦が楽しすぎる

美しいビジュアルと世界観

Bad

プレイ時間は短い

カメラワークの悪さ

解説

海外の反応は、楽曲はどれも素晴らしく、ユニークなボスとの戦闘は夢中になれる。

リズムゲームでありながら様々なジャンルの要素を持ち、独創性の高いゲームとなっている。

プレイ時間は短いが、その短時間で素晴らしい体験を与えてくれるゲームという評価です。

海外ゲームレビューの評価まとめ

斬新なゲーム性とストーリー性を兼ね備えた素晴らしいリズムゲーム

SCORE 100/100

TheGamerのレビュー

リズムジャンルはユニークで記憶に残る熱狂的な成功を収めている。残念なことに、第6世代のコンソール機で登場した「Guitar Hero」や「Rock Band」などのタイトルの氾濫によって、その多くはかき消されてしまった。

DDRのダンスパッドやプラスチック製のギターコントローラーが全盛期を迎えてからかなりの時間が経っているが、マレーシアのインディースタジオMetronomikのデビュー作である『No Straight Roads』は、それらが流行る前の時代にプレイヤーを戻してくれる。

Jet Set Radio」や「Gitaroo Man」のようなタイトルのエネルギーを感じさせる楽しい作品である「No Straight Roads」は、セガのドリームキャストやプレイステーション2でビートを覚えたゲーマーなら誰もが注目するに値する、スタイリスト的にもパワフルなオーディオビジュアル体験となっている。

ビニールシティのネオン街を舞台にした『ノー・ストレート・ロード』は、ギタリストのメイデイとパーカッショニストのズークからなる2人組のインディーロックバンド、バンク・ベッド・ジャンクションの物語です。

純粋に好感の持てるキャラクターたちが織り成すパンクロックの反抗の心温まる物語は、土曜日の朝の愛らしい漫画のようなテイストで語られています。

特に注目したいのは、このタイトルの主人公コンビ。美的にも印象的で、ユーモアと個性に溢れたこの二人が、自分たちの映画のために特別な映画を作るのを真剣に見てみたいものです。

メイデイはピンクとピーチのような熱血漢で、その燃えるような性格は、物静かで思慮深い緑と青のズークによく似合っています。

この2人はお互いをうまく利用していて、よく書かれた名言と巧みに表現されたボイスラインは、チュートリアルステージの前にプレイヤーの心を捕らえる2人の心から愛すべきキャラクターとして最高潮に達しています。

このゲームは、様々なゲーム要素があり、明確なジャンルに当てはめるのは難しい。少なくともリズムゲームとして収まっているが、「ジェットセットラジオ」のようなアクション、ハックアンドスラッシュを多用した戦闘は、「Brutal Legend」を彷彿させるもので、RTSの要素も織り込んでいる部分がある。

NSRの戦闘は、表面的には、ビートに合わせて敵を叩きのめすと同時に、適切な攻撃をかわすために十分に密着して追従することです。

プレイヤーは、メイデイとズークの間で交代するか、または共同作業のための友人を参加することができます。2人はユニークで交換可能なパッシブとアクティブのアビリティによって役割を多様化することができ、バンドのギアやムーブセットを微調整することは、ゲームのワイルドで多様なボスに挑戦するために不可欠となります。

主役のデュオの魅力もさることながら、ボス達のラインナップがショーを支配している。それぞれがEDMのサブジャンルを代表する、洗練されたデザインが自慢のNSRの王者たちは、それぞれがVinyl Cityの一地区を支配しており、組織の支配力を弱めるためには、彼らを倒さなければならない。

指一本で惑星の動きを操ることができる宇宙論に取り憑かれたハウスアーティストとの戦いから、初音ミクのパロディをした人魚のポップスターとの対決まで、個性と創造性がにじみ出た壮大な戦いが繰り広げられています。

ボス戦以外の戦闘はありませんが、それぞれの戦闘はモードや音楽のジャンルを変えて再体験することができ、リプレイ性はかなりのものです。

サウンドは言うまでもなくクオリティが高く躍動感あふれるビジュアルを完全に引き立てている。最高に五感を刺激してくれます。

EDMアーティストのコンサートをハイジャックしていない時は、探索したり、住民と話したり、環境の隅々まで探索したりして、伝承の断片や、ボス戦でパッシブ効果を発揮するステッカー、街の機能不全の機械に電力を供給するために使用できるバッテリーのパックなどを発見することができます。

これは、バンドがファンを獲得するのに役立ち、ファンを獲得すると、バンドのメンバーが自分のスキルをアップグレードしたり、必殺技のロックを解除することができます。

往年のリズムゲームへのオマージュを感じさせつつも、斬新なゲーム性とストーリー性を兼ね備えた、ほぼ完璧なタイトルだ。ただ、「ノー・ストレート・ロード」には絶対的な特徴があり、Metronomikの最初の作品は間違いなく歴史に残るものとなっている。

  • 優れたアートデザインとビジュアルデザイン
  • 変化に富んだ、信じられないほど創造的なボス戦
  • キラーサウンドトラック
  • 慣れるのに時間がかかる
  • 鮮やかなネオンのビジュアルは、敵や攻撃を検知するのが難しい時もあります
ミュージックアクションの旅に出よう!ロック対EDMの音楽革命が今始まる!

洗練されたデザインのボスとの戦闘がこのゲーム一番の醍醐味だ

SCORE 80/100

VGCのレビュー

マレーシアのインディーメーカーMetronomikが開発したこのアクションゲームは、イギリスのパブリッシャーがリリースのために全力を尽くすほどの感銘を受けており、トリプルAのリリースに付随して見られるような、ビニール製のサウンドトラックとアートブックが付いた高額なコレクターズエディションまで用意されている。

ビニールシティの5つの地区は、それぞれ異なるEDMアーティストによって運営されており、そのアーティストは特別なプラチナディスクを所有しており、その地域を支配している。

それは、各地区を通過し、各アーティストのコンサートをハイジャックし、プラチナ・レコードを手に入れ、最終的には街全体を支配し、NSRとそのエレクトロ独裁体制を打倒することが目的となる

各地域には3つの異なるパートがあります。1つ目は、街自体を探索し、各地域の様々な小さな特徴(街灯、自動販売機など)に電力を回復するために使用されるアイテムの小瓶を収集しています。これにより、より多くのファンを得ることができ、より多くのファンを持つほど、ゲームのスキルツリーでアンロックできる能力が増えていきます。

地区の端に到達すると、様々なロボットが巡回している短いエリアが連続し、その地域のEDMアーティストに到達するのを防ぐために設計されています。ロボットは音楽に合わせて動くので、音を消してプレイすることも可能ですが、そうすると敵の攻撃を予測して回避することができなくなるので、大きなデメリットになります。

セキュリティを通過した後、最後のコンサートにたどり着き、そのエリアのアーティストとの壮大なボス戦に臨むことになります。

このゲームが実際に革新的なのは、それぞれのボスのスタイルにある。ゲームのコース上で直面する7人しかいませんが、それでも独特の方法で本当に記憶に残るものです。

素晴らしいサウンドトラックは、各ボスにそれぞれ独自のテーマがあり、戦闘中はEDMトラックからロックトラックへとゆっくりと変化していく。戦闘中には気づかないように微妙に変化するが、無意識のうちに自分が優位に立っているように感じさせるには十分にうまく処理されている。素晴らしいですね。

ただ、ボス戦は長丁場になることがあり、中間チェックポイントもないので、何段階もパワーアップするボス戦は、死んだときにやり直すがイライラする。

また、上手いプレイヤーなら数時間でクリアできるボリュームも残念だ。

その点に目をつぶれば、この作品は本当に素晴らし体験を与えてくれます。

  • 各ボスはキャラクターデザインは超一流
  • 5つの地区に分かれた印象的な街並みが見事に再現されています。
  • その楽曲は、アクションと見事に融合しています
  • 失望するほど短い
サウンドはどれも素晴らしくジャンルも豊富。特にボス戦との熱いバトルが最高!

素晴らしい楽曲とネオン輝く美しい活気あふれるゲーム

SCORE 70/100

God is a Geekのレビュー

このゲームは、鮮やかなネオンの世界光と未来的な建築物で埋め尽くされた都市が非常に目立つ。

様々な楽曲や個性的なボスとの戦闘が魅力的で眼を見張るものがある。

ボス戦と戦っていると増えるパワーゲージは、いっぱいになると装備している必殺技を使用することができる。メイデイとズークの両方のゲージが満タンなときに発動するデュアルムーブアニメーションも素晴らしい。

新しい能力は、探索で手に入るアイテムを見つけ多くのファンを獲得することでスキルツリーを強化できるシステム

問題点としては、自分の場所や敵のカーソルがどこにあるのか見ずらい時がある。また、操作はジャンプに違和感があり、移動も疾走感がないのはちょっと残念。

やはり楽曲はめちゃくちゃ素晴らしい。各ボスには特定の曲があり、さまざまなジャンルが流れている。戦闘中の攻撃にもリズムがあり、敵も音楽に合わせて動いています。

探索はザックリしすぎて、カメラワークの悪さもあるが、素晴らし楽曲とボス戦は、活気がにじみ出ている美しいゲームです。

  • 素晴らしいサウンドトラック
  • 多彩なボス戦
  • 美しいアートスタイル
  • ゆったりとしたゲームプレイ
  • イライラする声優
  • プラットフォームやボスセクションでのカメラアングルが良くない

ユーザーレビュー

ユーザーレビューは自由に投稿できます。メディアやメーカーの意見にとらわれない、ユーザー評価も参考にしてみて下さい。投稿が初めての方は、レビューの利用方法をご確認ください

みんなが言うには... あなたの評価を残してください
Order by:

Be the first to leave a review.

User Avatar User Avatar
Verified
/ 10
{{{ review.rating_title }}}
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

This review has no replies yet.

Avatar
Show more
Show more
{{ pageNumber+1 }}
あなたの評価を残してください

Your browser does not support images upload. Please choose a modern one

このゲームが好きな方にオススメ

リンク一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました