『Minoria』海外レビュー翻訳まとめ。海外の反応&ユーザーレビュー

3.5
ゲームレビュー

『Minoria』とは、Nintendo Switch、Steam、PS4、Xbox向けの2D探索型アクションゲームです。

「Momodora: 月下のレクイエム」を手掛けるクリエイターがお届けする、Momodoraシリーズの精神的後継作ともいえる雰囲気の作品です。

Switch版、PS4版、Xbox版は2020年9月10日発売、Steam版は2019年8月27日に発売しています。

ゲームの特徴

・中世ヨーロッパの歴史にインスパイアされたファンタジーワールド

・手描き2Dアートとセルシェーディングを組み合わせたユニークな造形美

・我慢強く慎重に、一瞬の隙をついて攻撃を繰り出せるスムーズなコントロール

・プレイヤーが剣と呪文の合わせ技で敵を倒すことができるアグレッシブなバトル

・回転避けやパリィなど、様々な防御方法

・キャラクターの難易度を自由に調整できるレベル設定機能

任天堂-Minoria
Minoria|公式トレーラー|Switch、PS4、Xbox One
プラットフォーム Switch/PS4/Steam/Xbox
ジャンル アクションアドベンチャー
プレイ人数 1人
価格 Switch-2,200円 Steam-2,050円
メーカー(開発元) DANGEN Entertainment
リリース日 2020年9月10日

海外サイトの総合評価

Minoria
7.1 / 10 レビュワー
{{ reviewsOverall }} / 10 ユーザー (0 ユーザーの評価)
グラフィック6.5
サウンド6
操作・快適性7.5
面白さ・リプレイ性8.5
Great

流れるような気持ちの良い攻撃

メトロヴァニア風の中毒性が高い戦闘

魅力的な世界とストーリーと

Bad

バラエティに乏しいマップ

見分けのつかない同じような敵

広い部屋でのフレームレートの低下

解説

2019年8月にPCで発売されたゲームの移植作品です。

前作「Momodora」の2Dピクセルアートが高解像度の美しいグラフィックとなりHD化された本作

一番の魅力はボス戦となっており、回避避け、パリィを使った防御システムは「ダークソウル」を彷彿とさせる。

メトロヴァニア好きならオススメできるというのが海外の評価です。

海外ゲームレビューの評価まとめ

前作から正当進化したテンポの早いメトロヴァニア

SCORE 80/100

Nintendo Lifeのレビュー

Bombserviceより発売された前作『Momodora』と今作『Minoria』は、多くの点で自然な進化を感じさせます。

攻撃的な戦闘に重点を置いたテンポの速いメトロイドヴァニアでありながら、収集アイテムや隠し通路、アンロック可能な能力など、このジャンルの特徴的な要素を多く取り入れています。

スタジオの過去作のファンはもちろんのこと、メトロイドヴァニア全般のファンならば、本作でもきっと興奮することでしょう。

主人公は、剣を振り回すワルな修道女、シスター・セミリアで、仲間のシスター・フランと共に、誘拐されたプリンセスたちを異端の魔女から解放するために、ラメジア王国の廃墟を旅する物語。

これはかなりクールな設定で、ゲームは最終的には宗教や信仰の風味を物語に織り込んでいますが、これらの側面に踏み込みすぎて疎外感を与える危険性はありません。

全体的にはかなり殺伐としたゲームで、暗いトーンは、より活気に満ちた「Reverie Under the Moonlight」とは対照的です。

ゲーム性はメトロイドヴァニアの典型的なものだが、『Bloodstained』のようなタイトルからは確実にステップアップしている。最初は基本的な攻撃から始まるのですが、戦闘の流動性には驚かされます。序盤から信じられないほどの力強さを感じさせるが、それに加えて、効果的なパリー操作を駆使すれば、恐るべきスピードと攻撃力で反撃し、通常の敵を一挙に倒すことができる。

ボス戦は特に印象的で、巨大で威圧的な獣に遭遇することもあるが、このゲームの魔女との1対1のシンプルな対決が最も楽しく、やりがいがあると感じた。

これらの戦いはタフなもので、勝利するためにはあらゆる能力を駆使しなければなりません。進歩していくと、追加の戦闘能力や、魔法の攻撃などが追加されて常に新鮮です。

グラフィック面では、全体的なアートデザインに少し不満があります。前作から一転して、2.5D化されていて、大体の部分はスムーズに動くのですが、フレームレートが若干低下しているのが気になりました。

また、環境デザインや敵のデザインにもバラエティに富んでおらず、マップシステムを頻繁に参照しないと、地味な廊下や部屋の中で迷子になってしまいます。

ミノリア』は、『ブラッドステイン』や『ホロウナイト』のような有名なタイトルの中でも特に注目されていないのが残念な、素晴らしいメトロイドヴァニアだ。このジャンルの他のタイトルに比べて機能が充実しているとは言えないし、5時間程度しかないが、戦闘はとても印象的なので、ぜひチェックしてみてほしい。

  • 刀剣乱舞の尼僧と悪の魔女が絡んだ大設定
  • 流れるような、反応の良い戦闘は、最初からとても気持ちが良いです。
  • 魔女とのボス遭遇が優秀、真の実力が試される
  • 環境がバラエティに乏しく迷いやすい
  • フレームレートが低下する時がある
魔女との1対1の対決が特に面白い、素晴らしメトロイドヴァニア

戦闘システムの中毒性がヤバいメトロヴァニアの強豪と言える作品

SCORE 80/100

Nintendo Enthusiastのレビュー

インディーデベロッパーのBombserviceは、おそらく2016年のメトロイドヴァニアのヒット作『Momodora』で最もよく知られています。

精神的な後継作である『Minoria』は、2016年のヒット作の神秘的な世界と2Dピクセルグラフィックを犠牲にしながらも、新しいストーリーとパステルカラーの3Dビジュアルで、メトロイドヴァニアの強豪であることに変わりはない。

『Minoria』には深くて心を掴むストーリーと世界があり、カットシーンや会話のやりとりで物語の重要な場面が確立され、重要なボス戦が展開されていく。

世界に関する知識のほとんどは、広大なマップに隠されたメモや記録を発見することから得られるものだ。

とはいえ、『Minoria』の最大の魅力はメトロイドヴァニア風の戦闘だ。Bombserviceは、この手のゲームの中毒性の高さを把握しており、このジャンルの知識と豪華なアニメにインスパイアされたアートスタイルを組み合わせることで、2016年と同様の成功を収めています。

敵の攻撃をタイミングよく回避避けしたり、失敗すると大ダメージを受けたりするハイリスク・ハイリターンなパリーシステムを採用しています。

また、このゲームの特徴的な要素として、「お香システム」があります。このアイテムは、戦闘中に生死を分ける呪文を唱えることができるパッシブ呪文とアクティブ呪文を装備することができます。

アクティブなアビリティは、ヒーリング稲妻を召喚することができ、パッシブなアビリティは、基本ダメージを増加させたり、無敵のフレームを向上させたりすることができます。しかし、これらのアビリティは自由に使えるわけではなく、それぞれのアビリティには制限があり、チェックポイントに到達したときにしか回復しない。

基本的な戦闘方法とアビリティを理解してしまえば、それほど時間はかからない

Minoriaのゲーム性の高さと低さが光り始めるのはボス戦のみだ。裏切り者の魔女や巨大な獣との戦いは信じられないほど楽しく、容赦なく反射神経が試される。

残念なことに、敵が適切な視覚的なヒットスタンを持たないことや、ボスがマルチヒット攻撃を繰り出すことで、パリーや無敵フレームが役に立たなくなってしまうことなどの問題はあります。

これらの要素はマイナーな問題ですが、それらはMomodoraが問題となっています。

前作には全くなかった問題点であり、本作はそれに比べて少しだけ洗練されていないように感じられます。

しかし、豪華なアート、心を揺さぶる音楽、やみつきになる探索など、『メトロイドヴァニア』ファンにはたまらない作品となっていることには違いありません。

  • ユニークな世界とストーリー
  • 魅力的な能力システム
  • 中毒性のある探索
  • いくつかの不器用な戦闘システム
  • 地図があいまいすぎる

クリア時間は5~8時間。忘れがたいストーリー、スリリングな戦闘

SCORE 70/100

NintendoWorldReportのレビュー

Momodora』をプレイしたことがある人にはお馴染みのゲーム性だと思います。暗くて残忍だが親しみやすい体験で、特に『Hollow Knight』や『Dark Souls』をプレイしたことがある人にはたまらないだろう。

光がなく、『Bloodstained』や『Hollow Knight』のような閉所恐怖症を誘発するような空間は、『Minoria』と同様、探索に不気味な雰囲気を与えている。

ストーリーでは、遭遇したボスを犠牲にしたり、犠牲を免れたりする機会があるが、ゲームの大きなバックストーリーはそれほど説得力があるものではない。

旅の途中では、お香を売るNPCに出会うと、3つのアクティブなお香を持つことができ、これらは治癒や稲妻の召喚など、呪文を表しています。それぞれに設定された数のチャージしか持っていませんが、ヒーリング呪文のためのチャージをより多く獲得することもできますし、獲得することをオススメします。

なぜそんなに多くのヒーリングが必要なのでしょうか?Minoriaの序盤では、信じられないほどよくパリーシステムを習得し、風のように身をかわすか、我慢して頻繁にヒーリングを行う必要があります。

敵はトラックのようにヒットし、多くの場合、一度の攻撃であなたの体力の半分を奪います。残念ながら敵の種類はあまり多くなく、序盤で出会うミニオンの強いバージョンと後から出会うミニオンの見分けはつきません。

もう一つの問題は、経験値やレベルがあまり稼げないこと。例えば、レベルアップ時に得られるヘルスの増加は1%未満です。

戦闘と移動はかなりシンプル。セミリアはかなり長いリーチを持つ剣から始まるが、自分のプレイスタイルに合った他の武器を随所に見つけることができる。

最初は一段ジャンプから始まり、最終的には二段ジャンプと水平方向の空中ダッシュを兼ねた上方向への攻撃を得ることができます。動き回って攻撃するのは気持ちがいいし、ストライクが成功したときの音や視覚効果で、戦いがより魅力的になる。

敵の攻撃は、強力な反撃を可能にするパリィが可能で、パリィのタイミングを教えてくれる視覚的な合図が表示されわかりやすい。『Dark Souls』のように、回避避けも非常に効果的なテクニックです。

環境は常に劇的に異なるわけではないが、効果的な照明と魅力的なペーパークラフトのアートスタイルが活かされている。音楽は非常に繊細であるにもかかわらず、ボス戦やその他のセクションでは凱旋し、緊張感と孤独感を高めてくれます。明暗のコントラストはこのジャンルのほぼ定番であり、Minoriaはテーマに沿ったバランスの良さを持っています。

類似タイトルとの差別化はあまりできていないが、プレイしてみるとかなり満足できる。5~8時間のキャンペーンでは、ストーリーは忘れがたい物語で、アクションは楽しいし、ボス戦はかなりスリリングだ

レベルアップシステムが充実していないため、それほど強く感じることはないだろう。幸いなことに、死んだ後の再挑戦はそれなりに早く、進歩を保存して香料を補充してくれるチェックポイントもありがたい。

必須タイトルとまではいかないまでも、Minoriaはかなりの実力を持っており、このジャンルのファン、特に前作の『Momodora』を楽しんだ人には魅力的な作品となるだろう。

  • 速いペースで楽しめる
  • 魅力的なアートスタイル
  • 戦闘が楽しい
  • 少し欠けている進行システム
  • 同じタイプの強い敵と弱い敵を視覚的に区別できない
  • 広い部屋での一部のアニメーションの不具合

ユーザーレビュー

ユーザーレビューは自由に投稿できます。メディアやメーカーの意見にとらわれない、ユーザー評価も参考にしてみて下さい。投稿が初めての方は、レビューの利用方法をご確認ください

みんなが言うには... あなたの評価を残してください
Order by:

Be the first to leave a review.

User Avatar User Avatar
Verified
/ 10
{{{ review.rating_title }}}
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

This review has no replies yet.

Avatar
Show more
Show more
{{ pageNumber+1 }}
あなたの評価を残してください

Your browser does not support images upload. Please choose a modern one

このゲームが好きな方にオススメ

リンク一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました