【海外レビュー要訳】『マインド・シーズ』海外の反応

4.0
ゲームレビュー

『マインド・シーズ』とは、SF宇宙を舞台にした2Dメトロイドヴァニアゲームです。

海外ではすでにNintendo eShopにて、ダウンロード版を2020年9月にリリース済みで、本作は完全に日本語に対応しています。

Switch版は2021年2月10日発売、Steam版は2020年2月8日に発売しています。

ゲームの特徴

ミステリアスな未知の惑星と心揺さぶるシーンが待ち受ける!
精神をMAGに移し、悲しみ背負う主人公が立ち向かう敵とは…

メトロイドヴァニアの名作にインスパイアされた、ハイペース・バトルと大規模な探索エリアが待ち構えている!
私立探偵のM.C.フォックスは未踏の惑星を舞台に、宇宙各地で意志の強い人間達の精神を奪う危険な犯罪組織アセンデッドを追っていた。
アセンデッドのリーダーとの対決で負傷し足が不自由になったばかりでなく、最愛の一人娘の精神をも奪われてしまう。
そんなM.C.に残された選択肢はただ一つ・・・
信頼できる乗組員と「マインド・アクション・ギア:MAG」と呼ばれるロボット体の助けを借り、アセンデッドのリーダーを追い詰める事だ!

主な特徴
・クラシックな2Dアクションを現代風にアレンジ
美しい手描きの16ビットピクセルグラフィックス、雰囲気のある音楽、ハードなサウンドエフェクトを駆使した滑らかでハイテンポなアクション。
・謎に満ちた惑星を探索する
4つの異なる惑星を旅しその秘密を解き明かし内部の危険な敵と戦う。時々、船上で休憩を取り乗組員と交流することを忘れずに。
・MAGのアップグレード
MAG(マインド・アクション・ギア)の戦闘能力に多様性をもたらす様々なMOD、武器、機能を見つけたり購入し強化していこう。
・マインド・シーズの世界を探ってみよう
プロの脚本家によって書かれた物語をカラーマンガ風のカットシーンで追いながら、惑星と生息する動植物についてのログを読み心に響く紆余曲折を体験しよう。

マインド・シーズ公式
マインド・シーズ 完全日本語版 トレイラー

海外サイトの総合評価

マインド・シーズ
7.8 / 10レビュワー
{{ reviewsOverall }} / 10ユーザー(0 ユーザーの評価)
B+総合評価
グラフィック8
サウンド8.5
操作・快適性7
面白さ・リプレイ性7.5
Great

興奮間違いなしのボス戦

テンポよく進行するメトロイドヴァニア

素晴らしいグラフィックとサウンド

Bad

バグが目立つ

メトロイドヴァニアに適さない移動方法

解説

フィンランドの開発チームKamina Dimensionが開発したタイトルです。

Steam版が日本でも販売されているが、日本語に完全対応しているのはSwitch版のみです。

海外ゲームレビューの評価&海外の反応

ロックマンゼロのような雰囲気のメトロイドヴァニア

SCORE 80/100

Nintendo Lifeのレビュー

マインド・シーズ』は、ロックマンゼロ』のような雰囲気を醸し出しています。カプコンが愛する携帯ゲーム機シリーズが2Dアクションゲームの頂点に君臨していることを考えれば、それは決して軽々しく言えることではありまが、共有点の多いゲームです。

ゲームはプラットフォームを中心としたメトロイドヴァニアのゲームプレイを楽しめるように、広大なマップを1つにするのではなく、惑星間を飛び回って別々のエリアを探索していくゲームで、『シャンティ-海賊の呪い-』のような構造になっています。

アクション満載で巧みにデザインされた戦闘とスマートにレイアウトされたプラットフォームで、直線的なアクションゲーム要素をすべて揃えているのに、最近流行りのメトロイドヴァニアを取ってつけたような感じになってしまっているのが疑問に思います。

このゲームのハイライトはボス戦であり、『ロックマンゼロ』との比較にもふさわしいです。ミニボスでも戦術を何度も変更したり、危険度を高めたりと、様々な工夫が凝らされているのが特徴です。

ビジュアルは機能的で、いくつかの魅力的なエフェクトが惜しげもなく使用され、サウンドもシンセ調の世界観にあった良いものです。

ペースが良く、エキサイティングなゲームである『マインド・シーズ』は、変化に富んだアグレッシブなボスと一対一で対戦するのが得意なゲームです。しかし、あまり冴えないメトロイドヴァニアがゲームの強みを生かしきれず、名作になれなかった良作です。

  • 華麗なボス戦はかなり興奮する
  • ゲーム進行がスムーズ
  • スリックでスムーズなゲームプレイコントロール
  • グラフィックとサウンドが良い
  • メトロイドヴァニアの構造が合わない
  • カットシーンアートは少し不安定です

没入感のあるSF的な雰囲気神秘的な音楽が魅力的な作品

SCORE 80/100

Video Chumsのレビュー ※Switch版プレイ

マインド・シーズ』プレイし始めた当初は、混雑したジャンルとの差別化ができていないと感じていたが、プレイしていくうちに、メトロイドヴァニアがいかに特別なものであるかがわかってきた

最大の特徴は、没入感のあるSF的な雰囲気と、神秘的で未来的な世界を描いた素晴らしい音楽です。作曲家Adam Al-Sawadに脱帽です。ピクセルパーフェクトなビジュアルと効果音も素晴らしい

とにかく、あなたは標準的な近接攻撃遠隔攻撃で始まるロボットとしてプレイしますが、進行するにつれて多くのクールな能力を獲得します。貯めたエネルギーを使ってクールな攻撃を連発して敵を全滅させていくのは、単純に気持ちがいい

奇妙な惑星を舞台にした、さまざまな刺激的なシナリオのメトロイドヴァニアが好きな人なら、『マインド・シーズ』はきっと気に入るはずだ。

メトロイドヴァニアとして楽しいが名作になりきれない良作

SCORE 70/100

God is a Geekのレビュー ※Switch版プレイ

一生に一種類のゲームしかできないとしたら、おそらくメトロイドヴァニアのゲームを選ぶだろう。

マップの最後の四角い部分をゆっくりと探索し、新たに手に入れた力を使って、これまで近づけなかったエリアに入っていくというゲーム性は、飽きることのない満足感のあるループだ。

マインド・シーズ』は、最初は基本的なマシンガンからスタートしますが、進むにつれてツメやレーザーピストルなどのオプションをゲームのセーブポイントで切り替えることができる。また、敵が落とすスクラップを使って新しい攻撃を購入することも可能だ。

これらの攻撃は、単純な上向きの攻撃から、エネルギーを必要とする強力なスーパームーブまで多岐にわたり、攻撃力は絶対にこのゲームが輝くところであり、基本的な敵やボスを倒すために適切な装備を使用することは非常に楽しいです。

ステージの環境は美しく、緑豊かな背景や印象的なキャラクターモデルなど、ピクセルアートが完璧に表現されている。森には魅力的な生き物が生息していて生き生きとしているように感じられ、ボスはその威嚇的な姿でより威圧的だ。

マインド・シーズには、詰め込まれた楽しみがたくさんありますが、欠点がないわけではありません多くのバグに遭遇したのもそうですが、ロボットの身体の主人公を障害者扱いするような言葉を浴びせるのは、どうかと思う。

素晴らしいメトロイドヴァニアのゲームがたくさんある中で、このジャンルの最も熱心なファン以外にこのゲームを勧めるのは難しい。戦闘はとても楽しいが、バグの多さと動きの能力の低さが、他のゲームの高みに到達することを阻んでいる。

  • 戦闘は武器の種類が豊富でとても楽しい
  • ボス戦は、楽しいレベルの挑戦を提供します。
  • いくつかの興味深いアップグレード
  • グラフィカルな印象
  • 非常にバグが多い
  • 移動能力は刺激的ではない
  • 不必要な障害者差別
Ash
Ash

ちなみに車椅子の主人公を操作できるシーンもある

ユーザーレビュー

ユーザーレビューは自由に投稿できます。メディアやメーカーの意見にとらわれない、ユーザー評価も参考にしてみて下さい。投稿が初めての方は、レビューの利用方法をご確認ください

みんなが言うには... あなたの評価を残してください
Order by:

Be the first to leave a review.

User AvatarUser Avatar
Verified
/ 10
{{{ review.rating_title }}}
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

This review has no replies yet.

Avatar
Show more
Show more
{{ pageNumber+1 }}
あなたの評価を残してください

Your browser does not support images upload. Please choose a modern one

このゲームが好きな方にオススメ

リンク一覧

コメント