『Lost Ember (ロスト・エンバー)』海外レビュー要訳まとめ。海外の反応&ユーザーレビュー

3.0
ゲームレビュー

『Lost Ember (ロスト・エンバー)』とは、Nintendo Switch、PS4、Xbox One、Steam向けのアドベンチャーゲームです。

オオカミとして駆けよう。息をのむほど美しい世界を。
神秘的な能力「魂替え」で他の動物に姿を変えるたび、世界は新しい表情を見せる。

Switch版は2020年9月24日発売、PS4、Xbox One、Steam版は2019年11月22日に発売しています。

ゲームの特徴

あなたは1匹のオオカミとして大いなる地に降り立つ。古代人が残した足跡を辿り、世界を破滅へと導いた忠誠と裏切りの物語を明らかにしよう。

パートナーとして旅を共にするのは、前世を古代人として生きた魂。人類が残した爪痕から蘇りつつある世界で、隠された記憶をオオカミと一緒に紐解いていく。二人の過去に秘められた真実とは・・・

オオカミに備わる神秘的な「魂替え」の能力が、他の動物へと姿を変える力を与えてくれる。様々な動物の視点で世界に目を向け、各地に散らばった宝物や記憶に繋がる道を発見しよう

任天堂-Lost Ember (ロスト・エンバー)
Lost Ember – Switch Release Announcement Teaser
プラットフォーム Switch/PC/PS4/Xbox One
ジャンル アドベンチャー
プレイ人数 1人
価格 Switch-2,990円 Steam-2,990円
メーカー(開発元) Mooneye Studios
リリース日 2020年9月24日

海外サイトの総合評価

Lost Ember (ロスト・エンバー)
6.5 / 10 レビュワー
{{ reviewsOverall }} / 10 ユーザー (0 ユーザーの評価)
C+総合評価
グラフィック6
サウンド5.5
操作・快適性7.5
面白さ・リプレイ性7
Great

幻想的で素晴らしいゲームワールド

しっかりとしたストーリー

動物の変身システムは面白い

Bad

バグが少し目立つ

Switchではちょっと描写不足か

解説

海外の反応は、日常を忘れさせてくれるような幻想的な世界に没頭できる魅力がある。

狼となって爽快に自然を駆け回り、動物に変身しパズルを解いていくような感覚が楽しいゲーム。

ぜひ遊んでほしいゲームだが、Switch版はグラフィックが少し粗く、他のプラットフォームで遊んだほうがいいかもという評価。

海外ゲームレビューの評価まとめ

物語は魅力的で広大な探索可能エリアを狼として走り回るのは楽しい

SCORE 70/100

Noisy Pixelのレビュー

Lost Ember』は、物語性のあるセットピース広い探索可能なエリア、そしてプレイヤーに与えられた自由度によって実現しています。

5時間のアドベンチャー全体を通して、ストーリーに重点が置かれており、これを通してウルフの前世や環境についての詳細を知ることができます

より多くのことが明らかにされているとして発生する物語のいくつかの素晴らしい瞬間があります。

最後のパズルのピースを集めて満足のいくクライマックスを迎えるために遊んでしまう、そんなゲームです。

プレイヤーがウルフとしてフィールドを走り回り、他の動物を操作してエリアにアクセスすることができる、より冒険的な要素があります。

それぞれの動物には、物語を進行させるために使用する必要がある異なる能力があります。この機能は信じられないほど楽しいし、新しい動物を操ることができるので、アンロックされた新しいエリアのたびに新しい感じがします。

このゲームの特徴はそのフィールドにあるようで、広大なオープンエリアが遊び場となっていて、先に進みたくない人のための遊び場となっている。

探索していくと、たくさんのアイテムを見つけることができます。中には特定の動物でないと集められないものもありますが、これは最終的にはストーリーを楽しむ以外の何かをプレイヤーに与えてくれます

このゲームは美しいですが、それを体験するにはSwitchが最適かどうかはわかりません。プレイヤーがゆっくりプレイして風景を見下ろすため崖の上に立つなど、すべての機能はここにありますが、それは非常にトーンダウンされています。

エッジはギザギザで、時々ぼやけて、また時々それが新しい領域をロードしているかのように少しフリーズしています。

このような芸術的で素直なゲーム体験であるため、これはこの体験に大きな影響を与えてしまいます。

ここでは、物語を進める以外には多くはありませんし、開発者はプレイヤーが存在したいと思うような環境を作るのに多くの時間を費やしています。

筆者にとっては、Switch版では、このゲームの魅力である重要な部分が取り除かれてしまったように感じました。

Switch版は他のバージョンに見られる美しさに欠けています

結局のところ、『ロストエンバー』はプレイするべきゲームだが、Switch版ではオススメできない

いろんな動物に変身してフィールドを駆け回る疾走感は魅力的

SCORE 60/100

NintendoWorldReportのレビュー

ゲームにおいて、自由は貴重な通貨です。それが重力の重い束縛からの解放であれ、別世界への脱出ハッチであれ、ゲームは日常からの脱出を歓迎してくれる。

ストーリー主導型の探索ゲームLost Ember』は、この前提に面白いひねりを加えている。

ゲームのリリーストレーラーでは、このアイデアがよく伝わってきた。主人公のブラックウルフは、明るい風景の中を疾走しながら、ホバリングするハチドリ、ローリングするウォンバット、急降下するオカメインコ、踏みつける水牛などに変身していく。

BBCの「Planet Earth」のインタラクティブなスピンとは思えないほど、夢中にさせる遊びがここにあります。

ゲームは、軽快なオオカミがカラフルで見慣れた自然の風景の中を走るように、十分に有望なスタートを切りました。

狼が長い谷間の坂を下っていくと、草がそよ風に吹いてきました。川は陽気に流れ、色とりどりの山がぼんやりと遠くへ転がり、明るい葉っぱの雲が頭上を通り過ぎ、日陰の森の小道に沿って筆者をなだめていく。

流れに身を任せていると、髪の毛に風が吹いてくるような爽快感がある。

しかし、ゲームが進むにつれ、様々な不満が出てきました。その中には、ゲームデザインに関わるものもありました。

例えば、オオカミのジャンプは、クリアランスが低く、根っこや岩の上でも跳ね返ってしまう。世界の隅々まで探索していると、プレイエリアを区切る目に見えない壁にぶつかったり、アバターが目に見えない幾何学的なものにぶつかって景色に「くっついたり」することがあります。

中心となる “魂の放浪 “というメカニックがポイントだった。住んでいる動物にはそれぞれユニークな能力があります。

ウォンバットは狭いスペースや巣穴をすり抜けることができます。アルマジロは壁の下に潜って秘密を見つけることができます。

魚は水中の遺跡を潜ることができ、ハチドリは障害物を飛び越えることができます。新しい動物になって遊んだり、それぞれの視点を見たり隠された収集品を見つけたりするのも楽しいです。

Lost Ember』は賞賛に値するほど野心的で、部分的には楽しめますが、心を込めてお勧めするのは難しいです。

いくつかのバグを許容すれば、水牛のように壁を打ち破ったり、鷹のように虹の中を舞い上がったりする光景を見ることができます。

このような驚きの瞬間には、動物界を彷徨う魂の逃避行のような最初の約束が近くに感じられます。しかし、最後にはゲームの限界が必要な没入感を壊してしまい、現実に戻される。

  • 楽しくてカラフルなゲームワールド
  • しっかりとしたストーリー
  • 偉大な “魂の放浪 “メカニック
  • 驚きの瞬間がいくつかあります
  • 見えない壁に阻まれた探査
  • 頻繁にゲームを壊すバグ
  • 声の演技がヒドイ

ユーザーレビュー

ユーザーレビューは自由に投稿できます。メディアやメーカーの意見にとらわれない、ユーザー評価も参考にしてみて下さい。投稿が初めての方は、レビューの利用方法をご確認ください

みんなが言うには... あなたの評価を残してください
Order by:

Be the first to leave a review.

User Avatar User Avatar
Verified
/ 10
{{{ review.rating_title }}}
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

This review has no replies yet.

Avatar
Show more
Show more
{{ pageNumber+1 }}
あなたの評価を残してください

Your browser does not support images upload. Please choose a modern one

このゲームが好きな方にオススメ

リンク一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました