『イモータルズ フィニクス ライジング』海外レビュー要訳まとめ。海外の反応&ユーザーレビュー

ゲームレビュー

『イモータルズ フィニクス ライジング』とは、Ubisoft Quebecの『アサシン クリード オデッセイ』の開発スタッフが手掛ける壮大な神話の冒険を楽しめるアクションアドベンチャーです。

オープンワールドのアクションで、山を登ったり空を滑空したり、戦闘では空中戦などダイナミックな戦闘も魅力的です。

Nintendo Switch、PS4、PS5、PC向けに2020年12月3日に発売です。

ゲームの特徴

神々の最後の希望は君だ。
フィニクスとなり、ギリシャ神話の神々を闇の呪いから救う旅に出よう。

神々の力を使いこなし、神話の怪物に立ち向かえ。ギリシャ神話最凶の巨人であるテュポンを打ち倒して歴史に名を刻もう。

神話の敵に立ち向かおう
サイクロプス、メデューサ、ミノタウロスといった伝説の怪物たちに立ち向かえ。神から授かったアビリティや武器を駆使し、テンポの良い戦闘システムで空中戦や近接戦闘を繰り広げよう。

神々の力を借りよう
オリュンポスの神々から授かった祝福をうまく使いこなし、神話の怪物と戦い、古代のパズルを解き、広大なオープンワールドを探索しよう。

任天堂-イモータルズ フィニクス ライジング
『イモータルズ フィニクス ライジング』ストーリートレーラー

短編アニメ「神話を紡ぐ戦い」

『イモータルズ フィニクス ライジング』短編アニメトレーラー「神話を紡ぐ戦い」

短編アニメ 番外編「アタランテの斧」

イモータルズ フィニクス ライジング 短編アニメ 番外編 「アタランテの斧」

短編アニメ 番外編「黄金の島」

イモータルズ フィニクス ライジング 短編アニメ 番外編 「黄金の島」

短編アニメ 番外編「神々の希望」

イモータルズ フィニクス ライジング 短編アニメ 番外編 「神々の希望」
プラットフォームSwitch/PS4/PS5/Xbox One/PC
ジャンルアクションアドベンチャー
プレイ人数1人
価格(DL)7,678円
メーカー(開発元)ユービーアイソフト
リリース日2020年12月3日

海外サイトの総合評価

イモータルズ フィニクス ライジング
7.8 / 10レビュワー
{{ reviewsOverall }} / 10ユーザー(0 ユーザーの評価)
B+総合評価
グラフィック7.5
サウンド7
操作・快適性8
面白さ・リプレイ性8.5
Great

エキサイティングで奥深い戦闘

物語は秀逸で面白い

バラエティ豊かなパズルとチャレンジ

Bad

ブレスオブワイルドの借用が多く独自性に欠ける

マップでアイコンを探すのが面倒

Switch版はパフォーマンス不足

解説

このゲームは『ゼルダの伝説:ブレスオブワイルド』にインスパイアされたオープンワールドゲームです。

戦闘システムは非常に面白く、ストーリーも面白いがブレスオブワイルドほどの洗礼はされていない。

Switch版はパフォーマンス不足で画質が粗いのでPS4かPC版でプレイするのがオススメです。

海外ゲームレビューの評価&海外の反応

ブレス オブ ザ ワイルドほど洗礼されてないが戦闘とストーリーは必見

SCORE 70/100

Nintendo Lifeのレビュー

子供の時にコーンフレークのCMを見て育ったなら、ママに何が食べたいか聞かれた時に、ブランドのシリアルが食べたいと答えるでしょう。実際は、ブランドと見分けることができないため、実際は類似品を手に取ることが多いのではないでしょうか?

類似品をいくつか食べてみるとブランドとほぼ同じくらい良いという発見があったかと思いますが、何れもブランドの方が良いということに気づくでしょう。このゲームを表現するならば、それがベストな表現だと言える。

ゲームを他のゲームと比較するのは怠惰に感じるかもしれないが、このゲームは、以前は『Gods and Monsters』というはるかに優れたタイトルで知られていたが、その影響を恥ずかしげもなく隠している。

このゲームは、『ゼルダ:ブレス オブ ザ ワイルド』のオフブランドのシリアル版で、『アサシン クリード』と『ゴッド オブ ウォー』をたっぷりと混ぜ合わせたものだ

『アサシン クリード オデッセイ』のスピンオフとして作られた、イモータルズ フェニックス ライジングは、オデッセイがしたよりもはるかに軽快な方法ではあるが、古代ギリシャ神話の神々やモンスターを扱っています。

剣、斧、弓、そしてプレイ中にロックを解除する様々な特殊攻撃で武装したフェニックスは、神話から切り取られたあらゆる種類の獣と戦います。ミノタウロス、キメラ、ヘカトンチエ、ゴルゴン…

戦闘は楽しく、ドッジ・パリー・ヒットコンボからインスピレーションを得た楽しいものだが、いくつかのスキルツリーをアップグレードした後に独自のものになる

『ブレス オブ ザ ワイルド』と同様に、最初からオープンワールドが用意されており、好きなように探索することができます。崖登りと滑空が主な探索方法で、どちらもスタミナメーターを消費し、野生の馬を飼いならすことでより早く場所にたどり着くことができる。

アサシンクリードのように土地を明らかにするために各地域で最も高い場所に登らなければならず、彼女はその後、近くのチェスト、パズル、収集品や他のグッズを偵察するためにアサシンクリードのようなファーサイトを使用することができます。

メカニックの最もひどい借用は、おそらく、オーバーワールドと “タルタロスの金庫 “と呼ばれる地下のアクションプラットフォームレベルの両方のパズルで、『ブレス オブ ザ ワイルド』の有名な神社と多くの共通点がある。

青と青銅の古代技術の美学を持つ神社によく似ています。パズルは主に「スイッチでブロックを押す」ボールを穴に入れる」「弓と矢で物を撃つ」という形をとり基本的には『ブレス オブ ザ ワイルド』のマグネシスの力を利用して、ほとんどのオブジェクトと相互作用します。

また、メインプロットには影響しないが、キャラクターや装填物をアップグレードするための報酬を得ることができるパズルもある。

オデュッセウスチャレンジは弓矢のスキルを競うもので、ライアーチャレンジは曲を覚えて何百メートルも走り、それを大きな竪琴で再現しなければならず、コンステレーションチャレンジは光っているボールの束を見つけて、それを正しい配置のグリッドにはめ込むもので、フレスコチャレンジはスライドブロックパズルで、率直に言って地獄に落ちることもある。

これらの課題の中には、楽しいものもあれば、忙しさを感じさせるものもあります。暇つぶしのように感じるものもあります。物理エンジンのせいか、ボタンやブロック、レバーなどの重要な要素がブロンズ色になっていて、イライラするほどトリッキーなパズルが多いです。

このゲームの世界は遠くから見るときれいだけど、近くで見るとかなりつまらないし、特にSwitchではあまりきれいではない。主な4つのエリアはカラフルなのですが、すべて緑か埃っぽい茶色がかったオレンジ色で、視覚的にはドロドロになってしまいます。

ストーリーは、イモータルズ フェニックス ライジングがついにゼルダの影から抜け出すところだ。イベントでは、プロメテウスが、神々の王ゼウスに向かってナレーションするのだが、ひどく間抜けなものから面白いものまで様々で実に面白い

このゲームが、任天堂の真似事をするのではなく、独自のゲームになる勇気を持っていたならどうなっていただろ。ゼルダにはかなわないが、戦闘や物語には素晴らし瞬間がいくつもある。

『ブレス オブ ザ ワイルド』にインスパイアされたゲームプレイは、衝撃的だが結局はゼルダを流用したもので、ストーリーは秀逸だが、任天堂ほど洗礼はされていない。ゼルダをもっとプレイしたくてブランド物でなくて良いという人にはオススメできる。

  • 本当に面白い文章
  • 戦闘は楽しい
  • バラエティ豊かなパズルとチャレンジ
  • ブレスオブザワイルドからの借用が多すぎる
  • 茶色くてドロドロした世界が多すぎる
  • 新しいタイトルがクソ

ゼルダシリーズを改良したゲーム性は面白いがSwitch版はオススメしない

SCORE 60/100

NintendoWorldReportのレビュー

このゲームは『ブレス オブ ザ ワイルド』から多くのヒントを得ています。どこへでも移動でき、任意の順序でクエストを行うことができる広いオープンワールドを探索します。

新しいエリアに到着したら高いところに登って地図を記入し、興味のあるポイントを訪問したり、パズルやボーナスの宝でいっぱいのミニチュアダンジョンをクリアしたりと、滑空しながら進んでいきます。

メインストーリーをクリアして4人の神々を解放すると、神々からの祝福を受けてパワーアップし新たな能力を手に入れることができます。

レビューで2つのゲームを直接比較するのは好きではないが、このゲームはこの新興の “ワイルドライク“なサブジャンルの最初の主要なリリースの1つであるため、『ブレス オブ ザ ワイルド』と比較しないのは難しいだろう。

類似点はたくさんあるが、それらの間の違いは、ゼルダには及ばないか、リンクの最新の冒険から何を望んでいたかに応じて完全にそれを上回ることができる。

このゲームはギリシャ神話の世界で物語はゼウスとプロメテウスによって語り継がれ、彼らは人間がティフォンを倒すことができるかどうかを賭けています。

2人のナレーターの間の口論は、ゲームのライティングのハイライトであり、ゼウスの膨れ上がった自我とオリンポスの誰に対しても完全なろくでなしになりがちな傾向は、信頼性の高いコメディの源となっています。

また、ギリシャ神話への言及がノンストップで頻出し、一般人にはおそらくわからないような深いカットになっているので、ギリシャのパンテオンに興味のある人にとっては絶対的な喜びになるはずです。

探索は、その最大の弱点の1つです。高い見晴らしの良い場所に登った後、目を引く何かを見つけるためにマップの周りを見回すことはありません。

その代わりに、レティクルが点灯してコントローラーがガタガタと音を立てるようなスポットを探すために地形をスキャンすることになり、その時点でボタンを押すと自動的にマップにアイコンが追加されます。

その結果、ユービーアイソフトが試行錯誤してきたアイコンベースの探索に、さらにステップを加えたものとなった。正直言って、マップ上で自動的にアイコンが埋められた方がいいと思う。

この面倒なアイコンハントは間違いなく多くの『ブレス オブ ザ ワイルド』のファンを失望させるだろうがユニークでもある。

このゲームの他のすべての要素は、ゼルダの公式を改良したように感じられる。戦闘は最大の改善点の一つで、戦闘中に幅広い選択肢を与えてくれるアビリティがいくつかあります。

地面からスパイクを上げながら空中に飛び出したり、魔法のグラップリングフックを使って敵に引き寄せたり、軽い攻撃と重い攻撃の組み合わせで敵を殴ってコンボを維持したりと、コンボメーターの増加に応じてダメージを上げることができます。

攻撃は、相手のスタンゲージを増加させるパライドが可能で、これにより相手は防御力が低下します。モンスターごとに最適な技の組み合わせを見つけて、コンボを伸ばしたり、スタンゲージを早く満タンにしたりするのは爽快感があり、スキルさえあればいつでも強敵に挑むことができます。

戦闘力は、ゲームのスマートな装備システムによって強化されています。装備品には防御力や攻撃力を上げるステータス値があるのではなく、それぞれの武器や防具には独自のバフがあり、戦闘中に新たなパッシブ能力を得ることができます

あるアーマープレートは最大ヘルスを増加させ、別のアーマープレートは敵にヒットするたびにスタミナバーを補充してくれる。この設定では、すべての装備品がゲーム全体を通して平等に使用可能となり、宝を探すために世界を探索することがより価値あるものとなる。

新しい剣や兜を見つけるたびに新しいものが付いてくるので、自分に合ったバフを頻繁に切り替えることはなかったが、箪笥を開けてみたら、今まで使っていた剣よりも格段に劣る剣が出てきてしまった、ということがあったが、それよりもずっといい気分だった。

パズルを解くことは、このゲームの焦点でもあり、『ブレス オブ ザ ワイルド』の古代神社のようなパズル要素だ。

悲しいことに、Switch版は、PS4やXbox Oneと比較しても、深刻に妥協した移植となっている。グラフィックスは、携帯電話でゲームを動かすために大打撃を受けており、遠くのランドマークや地形は、鈍い色の認識できないスープになっている。グラフィカルなダウングレードはゲームプレイに直接影響を与えることさえあります。

ダウングレードの一部は、パフォーマンスがそれを補うならば、それだけの価値があったかもしれませんが、フレームレートは一般的に30fpsを下回ることが多く、戦闘でのタイミングを判断するのが難しい。

カットシーンはひどいもので、アートスタイルが完全に崩壊しているため、一部のテクスチャにピクセル化がはっきりと見られます。20時間のプレイで、ゲームは7回ホーム画面にクラッシュし、1回は起動してすぐにまたクラッシュしました。これらはすべて1.0.2パッチをインストールした際に発生したもので、この記事を書いている時点では最新版となっています。

このゲームは全体的に素晴らしいゲームで、何度もプレイしたくなるゲームだが、Switch版は期待外れだったので、別のプラットフォームでプレイスルーを始めようかと強く考えている。

ギリシャ神話をベースにした設定が大好きで、ノンストップで冒険を楽しんでいますが、数時間に一度、新しいエリアにたどり着くたびにアイコンハントで飽きてしまいます。

Switch版のプレイヤーがこのような妥協したバージョンを手に入れることになるのは残念だ。フェニクスライジングはプレイすべきだと思うが、できることならSwitchではプレイしない方がいいだろう。

  • エキサイティングで奥深い戦闘
  • ファンタスティックな設備システム
  • パズルの探求は楽しい
  • グラフィカルなダウングレードはかなりのもの
  • アイコンを探すのが面倒
  • パフォーマンスの低下、頻繁なクラッシュ

ユーザーレビュー

ユーザーレビューは自由に投稿できます。メディアやメーカーの意見にとらわれない、ユーザー評価も参考にしてみて下さい。投稿が初めての方は、レビューの利用方法をご確認ください

みんなが言うには... あなたの評価を残してください
Order by:

Be the first to leave a review.

User AvatarUser Avatar
Verified
/ 10
{{{ review.rating_title }}}
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

This review has no replies yet.

Avatar
Show more
Show more
{{ pageNumber+1 }}
あなたの評価を残してください

Your browser does not support images upload. Please choose a modern one

このゲームが好きな方にオススメ

リンク一覧

コメント