『I Am Dead』海外レビュー要訳まとめ。海外の反応&ユーザーレビュー

4.0
ゲームレビュー

『I Am Dead』とは、Nintendo Switch、Steam向けのパズルアドベンチャーゲームです。

『ホホクム』、『Wilmot’s Warehouse』の制作を手掛けたクリエイターによる『I am Dead』は、魅力的なグラフィックで描かれる死後の世界を舞台に繰り広げられるパズルアドベンチャーゲーム。

Switch版、Steam版共に2020年10月8日発売です。

ゲームの特徴

主人公はこの世を去ったばかりの、シェルマーストンという小さな島の博物館館長モリス・ラプトン。死後の世界でかつて飼っていた愛犬スパーキーと再会したモリスは、大好きなシェルマーストン島が火山の噴火によって崩壊する寸前であることを知る。

モリスとスパーキーは力を合わせ、シェルマーストン島に隠された古代の謎を解き明かし、島の火山の噴火を食い止め、故郷である島を守らなければならない。

モリスとスパーキーは、シェルマーストン島でさまよっている大勢の島民の幽霊を見つける必要がある。行方のわからない幽霊たちを見つけるため、モリスとスパーキーは幽霊になった島民たちが生きていた時に時間を過ごした場所を訪れ、彼らを誰よりもよく知っている人々の記憶の中に入り込み、彼らの人生の物語を知る必要がある。

モリスは、超自然的なX線のように物の中身や物に込められた想い、人の心の中や思い出を透視できる能力を新たに手に入れ、この超能力を駆使し、与えられた使命を果たすことを目指す。

ゲームを進めるにつれ、シェルマーストン島の歴史や言い伝えに関する物語が次々と明らかになる。さらに興味深い島の住人や島外からやって来た人々が続々と登場する。島に観光に訪れた鳥のフィンチ、魚人間たち、マナティーのような姿の動物モレロス、そして、昔々火山を鎮めた存在として語り継がれているアギーの伝説…さまざまな出会いがあり、あらゆることが解明されていく…。

任天堂-I Am Dead
I AM DEAD | Gameplay Walkthrough
プラットフォーム Switch/Steam
ジャンル パズルアドベンチャー
プレイ人数 1人
価格 Switch-2,100円 Steam-2,050円
メーカー(開発元) Annapurna Interactive
リリース日 2020年10月8日

海外サイトの総合評価

I Am Dead
8.1 / 10 レビュワー
{{ reviewsOverall }} / 10 ユーザー (0 ユーザーの評価)
グラフィック8.5
サウンド8.5
操作・快適性7
面白さ・リプレイ性8.5
Great

キュートでチャーミングなパズル

陽気な世界観と雰囲気の良いサウンド

斬新なパズルシステム

Bad

ちょっと操作性が難しい所がある

解説

海外の反応は、死後の世界というテーマでありながら可愛らしいアートスタイルで感動的な物語を提供してくれた。

物体や人物の頭の中も透視できる斬新なシステムは、好奇心をくすぐられる魅力的なゲーム設計となっている。

インディーゲームの中でも興味深い物語を体験できるストーリー性の高いゲームという評価。

海外ゲームレビューの評価まとめ

魅力的なストーリーと斬新なパズル要素の遊び心満載のゲーム

SCORE 100/100

NintendoWorldReportのレビュー

Wilmot’s Warehouse』の生みの親の新作『I Am Dead』は、2つの異なるスタイルのゲームを1つにまとめているのが楽しい

本作は、魅力的なビジュアルノベルでありながら、実験的なパズルゲームのようなデザインになっています。

あなたが演じるのは、シェルマーストン島で最近亡くなった博物館の学芸員、モリス・ルプトン。彼の亡き犬スパーキーと一緒に、彼は島のさまざまな場所を旅して、この地域に降りかかるかもしれない火山性の破滅について他の幽霊と話をしなければなりません。

筆者は心温まる良い物語を評価することができますが、これが単にカットアンドドライ(形にはまった)なビジュアル小説であった場合、このゲームを高く評価していないでしょう。

このゲームの秘訣は、世界との関わり方にある

幽霊として、モリスは一種のX線ビジョンを持っています。これは、部屋から部屋へと移動する際に、オブジェクトを選択して、その中を見ることができる「ズームインする」能力(透視)を持っています。

すごい数のオブジェクトを覗いて遊べるというのは、率直に言ってバカバカしい。本編はさておき、細部にまでこだわりがあるからこそ、趣のある村を探索するのが楽しくなるのだ。

また、あなたは人々の記憶を物体と同じように「ズームイン」すると、彼らの想いが記憶の断片のように見えるのです。

その記憶から関連するオブジェクトを見つけたり、その記憶自体がヒントになっていたり、幽霊な島民たちと対話しながら物語を解き明かしていくのが醍醐味です。

また、モリスが過去に飼っていた犬のスパーキーを操作するアクション性の高いパートもあり、ゲームプレイの多様性があることも評価できます。

ストーリーは、よく書かれているものの、比較的予測可能なものですが、そこがポイントではありません。

ポイントは、世界との対話や、さまざまなオブジェクトがどのように表示されるか、また、隠されているものを見ることに喜びを見出すことです。

これは、風変わりで生活の中の出来事を描いた、愛らしいデザインの物語です。

結論、このゲームとの時間がとても好きだったので、もうちょっとあったらいいのになと思いました。

モリスやスパーキーと一緒にいると、世界には悲しい死後の世界が渦巻いていても、リラックスした時間を過ごすことができます。

死の現実と世界の遊び心の対比が、『アイアムデッド』の記憶に残る面白さなのかもしれません。

  • チャーミングでキュートなパズル
  • 優れた声優陣と文章力
  • 物体にズームインするという極めて斬新なコンセプト
  • 元気なアートと世界
  • 少しシンプルな方がいいかもしれません

他のゲームにはない最も興味深い物語を体験できる

SCORE 85/100

DualShockersのレビュー

I Am Dead』は、現代のビデオゲームのストーリーテリング(物語)の落とし穴を回避し、シンプルでありながらも親しみやすいパズル要素感動的な物語体験を提供しています。

このゲームは、ビデオゲームならではの執拗に心に響く、時に瞑想的な物語を語り、単純でありながら遊んだ分だけ多くの発見があります。

このゲームは、ポイント アンド クリックアドベンチャーを進化させたようなものです。

あなたはすでに死んでいる人間なので全能です。探索では事実上どこでも行けてアイテムを見つけると、その中身まで見ることができます

そう、あなたは全能なのでゲームの活気に満ちた塊魂のようなアートスタイルのオブジェクトも、断面の見てるように覗けるのです。

キッチンのトースター、ボートのコントロールパネルに至るまで、日常的な物の内部を見ることができ、飽きることがありません。

その魅惑的な性質のため、様々なエリアの中で記念品を探すのは、瞑想的な体験に近いものです。実際に記念品を探す合間に、「これをやったらどうなるんだろう」と何度も気になってしまうこと間違いなしです。

ただ見て回るだけのゲーム性以外には、特に何もありません。

深いものでもやりがいのあるものでもないので、より深いパズル体験を求めている人は、「I Am Dead」の最も難しい部分は、島中に隠されたグレキンズと呼ばれる小さな収集可能な島の精霊を見つけることだと聞いてがっかりするかもしれません。

エリアを探索するのが魅力的なのは、ゲームが何を探せばいいかを教えてくれるからです。

全能の主人公は、村の人の記憶も透視できるので、必要なオブジェクトを覚えているキャラクターを対話や想いのカットシーンから導き出します

これは、それぞれの想いの異なる記憶をつなぎ合わせ、『ファイナルファンタジーVII リメイク』のような奔放な喜びや『ラストオブアス Part II』のような魂を打ち砕くような絶望感とは、異なる体験ができるのです。

代わりにもっと地に足の着いた、しかし同じように感動的で共鳴する親しみやすくリアルに感じさせてくれます

つまり、死者の記憶はただそれだけであり、彼らが再び生きていることを喜ぶ時間を取ることなく、彼らの仇を討ったり、彼らの損失にうなされたりすることはありません。

このように、死や喪失感、そしてそれに続く喪や悲しみを取り除くことは、ゲームにとってとても自由なことなのです。

しかし、ある程度の重厚感を持って状況に臨む必要があることを知っていて、何も考えずにそれを実行して先に進む。

それが、平和的で、愛おしくて、悲しくて、憂鬱な瞬間をインパクトのある瞑想的なものにしているのです。

パズルゲームとしては、いくつかのワイルドで魅惑的な視覚的なメカニックを除いて、ゲーム自体は浅いです。

とはいえ、時間をかけて島の隅々まで探索したり、断面システムをいじったりしたプレイヤーは、筆者がこれまでに経験したゲームの中で最も興味深い物語の一つで、貴重な時間を経験できます。

『I Am Dead』は、従来の映画的なストーリーテリングの規範を破り、悲しみにとらわれず、ビデオゲームの中でしか語れない、死についての独自の根拠のあるストーリーを提供している。

透視による新しい発見が斬新な陽気に満ちたゲーム

SCORE 80/100

Screen Rantのレビュー

このゲームのパブリッシャーである「Annapurna Interactive」は、「アートゲーム」というジャンルのプロジェクトでインディーシーンにおいて確固たる地位を築いてきた。

本作もその点では変わりませんが、カジュアルな隠し物のジャンルを利用して、瞑想的な要素を持った肉付きの良いタイプのゲームに仕上がっています。

それは、物体の中に飛び込むというのは斬新なゲーム性であり、登場人物の心の中に飛び込んで、亡くなった人のことを知るというのは、新鮮なアプローチであると感じられる。

ビジュアルデザインは、ソフトなエッジシンプルなテクスチャ膨らみのあるキャラクターなど、チームの過去のゲームを彷彿とさせるものばかりで、それだけでも笑顔や笑い声を誘うほどのものが多い。

そのエネルギーは、「I Am Dead」の陽気で遊び心に溢れたサウンドトラックとマッチしており、「I Am Dead」の陽気さを高めている。

本格的なパズルゲームと表現するのには躊躇があるが、エリアにはダジャレのある謎解きがオプションで用意されており、例えばヨガのポスターには「休息中のロビン」と書かれていて、その答えはダイビングヘルメットの中に隠されたロビンという人物の頭蓋骨である。

残念なことに、Nintendo Switchのコントロールは、I Am Deadのゲームプレイに完璧にフィットしているとは感じられません

左のアナログスティックはオブジェクトや場所の周りを旋回してカメラを押し、右のスティックやdパッドは特定のアイテムにフォーカスしますが、これは小さなターゲットでは常に厄介です。

コントローラーの感度設定の欠如は、残念と言えますが特に素早し操作が必要となるゲームでもないです。

物語の完結は、創造的な物語のフィナーレを飾る充実したものになっています。

ユーザーレビュー

ユーザーレビューは自由に投稿できます。メディアやメーカーの意見にとらわれない、ユーザー評価も参考にしてみて下さい。投稿が初めての方は、レビューの利用方法をご確認ください

みんなが言うには... あなたの評価を残してください
Order by:

Be the first to leave a review.

User Avatar User Avatar
Verified
/ 10
{{{ review.rating_title }}}
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

This review has no replies yet.

Avatar
Show more
Show more
{{ pageNumber+1 }}
あなたの評価を残してください

Your browser does not support images upload. Please choose a modern one

このゲームが好きな方にオススメ

リンク一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました