【海外レビュー要訳】『エボランド:レジェンダリーコレクション』海外の反応

3.5
ゲームレビュー

『エボランド:レジェンダリーコレクション』とは、『エボランド』シリーズの2作品をバンドルしたRPGです。

ゲームを進めれば進めるほどプレイスタイルやグラフィックが進化するユニークなRPGが特徴となっています。

PS4、Switch版は2021年2月10日発売、Steam版は『Evoland Legendary Edition』として2019年2月7日に発売しています。

ゲームの特徴

『エボランド』シリーズの2作品をバンドルした『エボランド:レジェンダリーコレクション』が遂に登場!

『エボランド』
ゲーム史に爪痕を残した名作RPGから構想を得た『エボランド』では、モノクロからフル3Dまで、アクティブタイムシステムからリアルタイムのボス戦まで、様々なゲームシステムやバトルシステムが楽しめます。
ユーモアたっぷりに盛り込まれた名作ゲームのパロディやオマージュも必見です!

『エボランド2』
『エボランド』の設定を受け継ぎ、実質的な続編として登場した『エボランド2』は、前作と同じようにストーリーを進行していくとグラフィックやプレイスタイルが進化していくゲームです。

しかし、王道RPGを追究した結果、今までにないスケールの大きな作品となりました。タイムトラベルにまつわるシナリオと、生まれや育ち、抱く夢や願望が異なる数々のキャラクターによって、複雑に物語が展開していきます。また、プレイヤーの行動やストーリー展開によって、プレイスタイルが大きく変化するのも今作の特徴です。

名作ゲームのオマージュが盛りだくさんの『エボランド2』では今までにない冒険がプレイヤーを待ち受けています!

エボランド:レジェンダリーコレクション公式
『エボランド:レジェンダリーコレクション』トレーラー
プラットフォームPS4/Switch
ジャンルアクションアドベンチャー
プレイ人数1人
価格2,500円(税込)
メーカー(開発元)オーイズミ・アミュージオ(Shiro Games)
リリース日2021年2月10日

海外サイトの総合評価

エボランド:レジェンダリーコレクション
6.9 / 10レビュワー
{{ reviewsOverall }} / 10ユーザー(0 ユーザーの評価)
C+総合評価
グラフィック7.5
サウンド6
操作・快適性6.5
面白さ・リプレイ性7.5
Great

懐かしのゲームのパロディネタ満載

遊び心あるジョーク

エボランド2のストーリーは素晴らしい

Bad

不具合が多い

解説

Shiro Gamesが開発した『エボランド』シリーズ2作品をバンドルし日本語にローカライズした作品

PC(Steam)版と海外のコンソール版発売から2年経って、ようやく日本でコンソール機に移植

海外ゲームレビューの評価&海外の反応

昔ながらのRPGファンにはぜひ遊んでもらいたいタイトル

SCORE 70/100

God is a Geekのレビュー ※Switch版プレイ

Shiro Gamesオリジナルのエボランドは、グラフィックやゲームがどのように進化していったかを追体験できるのが特徴で、昔ながらのRPGファンにはぜひ遊んでもらいたいタイトルだ。

一方、エボランド2はそれ自体がより洗練されていて、オリジナルの方が好きではあるが、全体的には良いゲームになっているように感じる。さらに独自の物語があるのが特徴だ。

他のプラットフォームと比べて、Switchは携帯性に優れているので、その点を除けば特に特質すべきところはありません。移植には最適化が必要ですが、残念ながらこのゲームはパフォーマンスに問題があるようだ。

Ash
Ash

Switch版での動作には、すこしカクつきやバグが多いようだ

名作ゲームのパロディの豊富さに驚かされるユニークなRPG

SCORE 60/100

NintendoWorldReportのレビュー ※Switch版プレイ

エボランドシリーズ2作を1つのパッケージにまとめたものだ。シリーズは2013年にPCで発売され、エボランドではゲームプレイと世界の進化の斬新さを中心に、白黒2Dグラフィックからより鮮やかな3Dの世界へビデオゲームの歴史を辿った

2015年に発売された続編では、進化のギミックにはあまり頼らず、業界の歴史の中で古いルックスやスタイルで遊んでいました。どちらのゲームも面白いのだが、面白いゲームプレイとは対照的に、ノスタルジーをベースラインにしていることが多すぎる。

まず1作目は、ゲームは進化していき、上達するにつれて変化していき、より良いグラフィック、より多くの設定、より多くの攻撃、そして過去40年間のビデオゲームの進化についてのかわいいジョークで紡がれる

旅の途中で原始的な2Dゼルダからファイナルファンタジーディアブロへと跳ね返るが、洗練されているというよりはパロディに近い

続編では、皮肉を込めたとはいえ、ストーリーはよりシリアスなものになっている。プレイヤーは若い主人公として、他の数人のキャラクターとペアを組んで、クロノ・トリガー』を彷彿とさせるタイムトラベルクエストに挑む。

鮮やかな16ビットの世界から始まり、モノクロームのゲームボーイのようなエリア、8ビットの時代、そして未来的な3Dの世界へと旅立つ。1作目よりもすぐに魅力的になったが、ゲームスタイルが万能であることには少々物足りなさを感じた

エボランドは3~4時間程度のクリア時間。続編は20時間に迫る長さで、冒険の過程で登場するバリエーションの多さ、ギャグの多さには関心させられるが、ゼルダやクロノトリガー、ファイアーエムブレムなどの真似をしているだけでがっかりさせられることが多い

そのような荒削りな部分はあるものの、すべてがうまくまとまっているので、欠陥があって遅いとはいえ、楽しいゲームであることは間違いない。文章は少しメタジョークや遊び心に傾きすぎているが、全体的には魅力的だ。

  • 新しいビデオゲームの歴史のジョークとスタイル
  • 遊び心のある冗談っぽい文章
  • エボランドは下書きが荒い気がする
  • スローペース
Ash
Ash

1と2のクリア時間の差がすごいなwエボランド2は、他のレビュワーも言っているが、しっかりとしたストーリーを持っているのも特徴だ

懐かしのパロディネタ満載!オールドゲーマー必見のゲーム

SCORE 92/100

Video Chumsのレビュー ※PS4版プレイ

エボランドは、懐かしいゲーム時代のパロディで、昔のゲームをよく遊んだことのあるプレイヤーには、笑えて楽しめる要素が多いです。

視覚的には、シンプルなトップダウンのピクセルアドベンチャーとして始まりますが、最終的には3Dモデルや環境へとアップグレードしていきます。見た目もそうですが、操作性の良さにも感銘を受けました。

ゲーム性については、ゼルダのトップダウンタイトルにRPGの要素を加え、昔のドラゴンウォリアーやファイナルファンタジーに似たシンプルなターンベースの戦闘融合させたものです。

主人公と仲間たちは過去と未来の両方に移動して、戦争中の世界の様子やエボランドの未来の姿を直接体験することができます。タイムトラベルの仕組みとその背景にある歴史が、面白くて広がりのあるSFアドベンチャーとなっています。

問題点としては、時折発生する不具合が挙げられます。この不具合がなければ、オールドゲーマーファンにとって、頂点に位置する素晴らしいRPGとなっていたであろう。

  • 様々なゲームスタイル
  • たくさんの巧妙なゲームリファレンス
  • エボランド2のタイムトラベルの物語は魅力的
  • 両タイトルともに不具合が頻発
  • エボランド2の過剰なセリフ
Ash
Ash

ファミコン時代から遊んでた世代にとっては、懐かしのネタやパロディは受けること間違いなしだ

ユーザーレビュー

ユーザーレビューは自由に投稿できます。メディアやメーカーの意見にとらわれない、ユーザー評価も参考にしてみて下さい。投稿が初めての方は、レビューの利用方法をご確認ください

みんなが言うには... あなたの評価を残してください
Order by:

Be the first to leave a review.

User AvatarUser Avatar
Verified
/ 10
{{{ review.rating_title }}}
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

This review has no replies yet.

Avatar
Show more
Show more
{{ pageNumber+1 }}
あなたの評価を残してください

Your browser does not support images upload. Please choose a modern one

このゲームが好きな方にオススメ

リンク一覧

コメント