『DEX』海外レビュー要訳まとめ。海外の反応&ユーザーレビュー

4.0
ゲームレビュー

『DEX』とは、2D横スクロール・オープンワールド・サイバーパンクRPGです。

暴走AIシステムを止めるため、戦闘や探索にハッキングなどを駆使して冒険するのが特徴です。

Nintendo Switch向けに2020年11月19日に発売!また、11月30日までの期間限定で、40%OFFとなる1,200円(税込)で購入可能です。

ゲームの特徴

そう遠くない未来の2037年の近未来都市 「ハーバー・プライム」を舞台に暴走する管理AIシステムvs人間。生き残るのはどちらだ!?

舞台はサイバーパンクな近未来。暴走する管理AIシステムvs人間の戦いに巻きこまれた主人公「デックス」。謎の組織に命を狙われ、豪華な高層ビル街、貧民街、歓楽街、そんな相反する世界が共存する未来都市 「ハーバー・プライム」を彷徨する。

ハーバー・プライムにて、数奇な運命で結ばれた仲間達とともに「世界統一」を計る管理AIシステムの暴走を阻止できるか。世界の運命は彼女に託された。

<ゲームの特徴>

・2DアクションRPG
・サイバーパンクオープンワールド
・選択肢によってストーリー展開が変わるダイアログシステム
・選べるプレイスタイル: 近距離戦闘、重火器、盗み、交渉などさまざまなスキルを組み合わせてゲームをクリア。
・サイドスクエストを通してハーバー・プライムの住人が繰り広げる重厚なストーリー
・カスタマイズ可能な武器やインプラント

任天堂-DEX
DEX 2020年11月19日よりNintendo eShopでダウンロード配信開始!
プラットフォーム Steam/Switch/Xbox One
ジャンル アドベンチャー、RPG、アクション
プレイ人数 1人
価格(DL) 2,000円
メーカー(開発元) QubicGames(Dreadlocks Ltd.)
リリース日 2020年11月19日

海外サイトの総合評価

DEX
7.6 / 10 レビュワー
{{ reviewsOverall }} / 10 ユーザー (0 ユーザーの評価)
B+総合評価
グラフィック7.5
サウンド7
操作・快適性7.5
面白さ・リプレイ性8.5
Great

サイバーパンクの世界観

自由度の高いミッション

レベリングシステム

Bad

アニメーションが少し粗い

最初は敷居が高く感じる

解説

このゲームはオリジナル版が2015年に発売だが、ゲームシステムは古めかしさは感じずテンポは悪いがタフなゲームだ。

キャラクターが魅力的でサイバーパンクの世界観も素晴らしい。特に探索がこのゲームの魅力だと言える。

アニメーションの粗さもあるが、全体的には細部までこだりを感じ、ちょっとヌードもある大人なゲームに思える。

海外ゲームレビューの評価&海外の反応

RPGとメトロイドヴァニアの両方のファンには必見のスルメゲー

SCORE 80/100

Nintendo Lifeのレビュー

ゲームとサイバーパンクは、サイバネティックで拡張された密接な関係にあります。ディストピアのピーナッツバターと電気ゼリーのように。我々の愛するメディアは、『女神転生』から『シャドウラン』、『Deus Ex』、そして来るべき『サイバーパンク2077』に至るまで、常にこのジャンルで十分なサービスを受けてきた。

市場が過密状態にあるわけではありませんが、それに匹敵するか、あるいはその影に隠れているかのようなタイトルが数多く存在しています。そしてDexには、文字通りの意味でも比喩的な意味でも、非常に多くのタイトルが潜んでいる。

Kickstarterで資金提供されたこの横スクロールRPGは、影響を受けた作品として『Blackthorne』や『Flashback』を挙げているが、多くのクラウドファンディングベンチャーと同様に、インスピレーションの源は明らかにゲームの古典に生涯をかけて触れてきたことにある。Dexの場合、これはある程度の成果を上げています

主人公のDexを操作すると、陰謀、階級闘争、そして少し変なアニメーションの2Dの世界へと突き動かされる。序盤は物語的には一般的なもので、実態のない声でレイドから脱出するように説得され、チュートリアルのように非常にお馴染みの方法でプレイされます。

最初のエリアは薄暗くてショッキングなほど難しい。下水道のセットを通る旅は、敵、有毒廃棄物、バターのようにHPを溶かしてしまう熱い蒸気に満ちています。これは参入障壁ですが、どこでもセーブできることは、攻略の助けとなります。

システムの一つに、当然ながら戦闘があります。まずは初歩的な対人スキルからスタートして、ブロックやドッジロールなどの能力を身につけていくことになります。

また、自分の存在に気づかないような悪役をステルスで倒すことも可能だが、多くの場合は、直接対決して練習した方が、より価値があると感じた。倒すとXPが得られるので、通常の「より高いダメージ、より多くの体力」ではなく、具体的で有用なメリットのあるスキルをアップグレードすることができます。

銃器もすぐに使えるようになるが、思ったほど当たらず、敵が近づいてきたときに弱体化させてからメレーで仕留めるのがベストだ。狙いを定めて発射するのは、最近の「Liberated」と全く同じ方法で行われますが、ここでは少し物足りなさを感じます。

目的には合っているのだが、ショットにはパワーがなく、ターゲットの目の間にキャップをぶち抜く満足感もない。

しかし、ゲームプレイの核となるのは探索であり、それは良いものだ。最初のエリアの後は、大規模でオープンな世界で、自由にサイドミッションに挑戦することができる。それぞれのミッションにはストーリーがあり、少し限定的だが、それにもかかわらず面白い

目的地までのルートは多数用意されていることが多く、以前に苦戦していた部分をつまらないものにしてしまうようなルートを見つけたときにはやりがいを感じることができます。

いたるところにアイテムや伝承が隠されており、多くの脇道を調査する努力をすれば、価値のあるものを見つけらることが多いです。

このアクションに欠かせないミニゲームは、「Geometry Wars」のようなツインスティックシューターに似ていて、かなり楽しい。

視覚的には、雰囲気のあるピクセルアートとうまくまとまっていますが、アニメーションには少し物足りなさがあり、最初のいくつかのエリアでは、自分たちが一体何をしているのかを確認するために、明るさを上げなければなりませんでした。

パフォーマンスはシルクのように滑らかですが、最初の下水道エリアではいくつかのマイナーなフレームレートの低下に遭遇しました。

音楽は、少しわかりやすいかもしれませんが、適切なシンセサウンドで、声優陣の演技は本当に良かったです(ただし、このゲームは一度だけではなく、何度も粗野な民族のステレオタイプといういかがわしい領域に踏み込んでしまいました)。

ストーリーはオリジナルではないが、説得力があり、追加ミッションの数も多く、このいかがわしい大人の世界に肉付けされている。ストリップクラブが豊富で、布団の下でSwitchを使って遊びたい人のために、ピクシーなヌードもある。アハーン。

Dexはよくできたゲームで、サイバーパンクアドベンチャーに期待する機能をすべて詰め込んでいます。淡い褒め言葉で非難しているように聞こえるかもしれないが、そんなことはない。

この世界には情熱があり、サイバーパンクゲームを見たことがある人にはお馴染みの領域ではあるが、手を汚して汚い世界を掘り下げていくのはいつでも楽しい。

RPGメトロイドヴァニア両方のファンは、このゲームが好きになるはずだ。魅力を明らかにするのに少し時間がかかるが、忍耐力があれば間違いなく満足できる。

  • 雰囲気のあるリアルな世界
  • 好きなようにミッションに取り組む自由
  • 巧妙で考え抜かれたレベルデザイン
  • 報酬のレベリングシステム
  • 文章と声の演技が上手い
  • アニメーションが少しジャギー
  • お馴染みのサイバーパンクのトロフィー
  • 一部のステレオタイプなNPCとコンテンツ

物足りなさもあるが細部までこだわりのあるサイバーパンクな世界観

SCORE 75/100

Pure Nintendoのレビュー

Dexのトレーラーを見た後、ゲームをプレイするのが楽しみになってきた。それは筆者がSwitchでプレイした他の素晴らしい、アクション満載のインディーズゲームの多くに似ていた。

しかし、オリジナルのゲームが5年前の2015年にデビューしていたとは知りませんでした。そのため、トレーラーはクールに見えたものの、時代遅れのメカニックを扱うことになるだろうと思っていました。

しかし、カラフルでサイバーパンクなオープンワールドで、怒り狂った謎の青髪の女性の物語は、かなり面白そうに思えました。

もちろん、ゲームは漠然とした設定で始まります。主人公Dexについてはあまり情報が出てこない。しかし、どうやら彼女はすごいらしい、彼女がすごいから悪者が彼女を狙っている、それだけでいいのだ。

Dexが下水道に落ちた後、プレイヤーが操作を行い、彼女はいくつかの怪しげなキャラクターに出会います。先に進むために3人のギャングと戦いましたがチュートリアルはありません。

パンチやキックを出せるので、それで戦ったが、どうやら敵はガートをするのが趣味のようで、こちらの攻撃はほとんどガードされてしまいちょっとイライラした。

あと、試合のテンポの悪さも問題だな。思っていたような、流れのある楽しいゲームではありませんでした。昔のアーケードゲームのようなゲーム性を想像していました。しかし、最初の銃を手に入れた時は興奮しました。

「これで楽になったな」と思っていたのですが、それは間違いでした。銃はペレットを撃っているに違いない。それは後で違うことをするようになって、ステルスが悪者を倒すための方法だと気づいたのです。

まず、自分に最適なものを見つけ出す必要があります。武器は明らかな選択肢であり、Dexにはかなり優れた武器がありますが、ハッキングスキルをステルス攻撃と組み合わせて使用​​すると、はるかに効果的です。

ポジティブな点よりもネガティブな点の方が多いと指摘したように聞こえるかもしれないが、このゲームには提供するものがたくさんある。出会うキャラクターは正直言ってこのゲームの最高の部分の一つです。

実際のストーリーよりも、キャラクターに深みと陰謀があるような気がする。ボイスオーバーやセリフも面白いし、NPCがそれぞれ個性を持っているように感じます。また、ゲーム内での選択に応じて異なるセリフがありそれが好きです。

しかし、それがストーリーにどう影響するのか、いつも葛藤しています。そのためにリプレイしたくなることが多いのですが、それはそれでいいのではないでしょうか?

もう一つの利点は、ゲームが設定されている環境です。サイバーパンクゲームはいつも楽しいものです。でも、Dexの世界は、一般的にはかなり素晴らしいです。各エリアには、見るべきものがたくさんあって、細部にまでこだわっているところが本当に好きでした。

また、Dexはちょっとグロいゲームだと言っておく。悪い意味ではなく、「このゲームは大人のためのもの」という感じ。罵倒の言葉や疑問のあるキャラクター、さらには…ヌードまである。

全身裸体で、ブロック塀のような、ピクシーな肉体!かなり面白いよ!Dexはノンリニアのオープンワールドゲームで 好きな順番でミッションをこなし、様々なルートを探索することができます。

だからプレイするたびに新しい発見があったり、最初は気づかなかったものが見えてくるかもしれません。

Dexは物足りない部分もありますが、全体的には楽しめたと思います。前にも言ったように、もう一度遊びたいゲームです。

ユーザーレビュー

ユーザーレビューは自由に投稿できます。メディアやメーカーの意見にとらわれない、ユーザー評価も参考にしてみて下さい。投稿が初めての方は、レビューの利用方法をご確認ください

みんなが言うには... あなたの評価を残してください
Order by:

Be the first to leave a review.

User Avatar User Avatar
Verified
/ 10
{{{ review.rating_title }}}
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

This review has no replies yet.

Avatar
Show more
Show more
{{ pageNumber+1 }}
あなたの評価を残してください

Your browser does not support images upload. Please choose a modern one

このゲームが好きな方にオススメ

リンク一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました