『ア フォルド エーパート』(A Fold Apart )海外レビュー要訳まとめ。海外の反応&ユーザーレビュー

3.5
ゲームレビュー

『ア フォルド エーパート』とは、折り紙の世界で遠距離恋愛の高揚感を体験できるパズルゲームです。

離ればなれになってしまった恋人の元にたどり着くため、さまざまな障害を乗り越えながら旅していく感情模様が折り紙のようなパズルとして表現されています。

日本では、Nintendo Switch版が2020年10月15日に発売。Steam版は2020年4月17日発売です。

ゲームの特徴

折り紙の世界では、どの物語にも表と裏が存在します

Lightning Rod Gamesが手掛けた『A Fold Apart』は、折り紙の世界で遠距離恋愛の高揚感を体験できる、賞に輝いたパズルゲームです!

– 誰もが共感できる、リアルな遠距離恋愛の物語。

– 50種類以上の折り紙パズル。

– 立体的なハンドメイド風の紙らしさを盛り込んだ美しい3Dグラフィック。

– プレイヤーが応援したいと思うカップルを選択できるシステム!

キャリア選択によって離れ離れになった教師と建築家が、この遠距離恋愛を成就させようと頑張ります。恋愛におけるミスコミュニケーションや物理的な距離がもたらす感情の機微を、両者の視点から体験しながら、結末を見届けましょう。紙の世界で折り紙パズルを裏返し、折り、広げ、複雑な恋愛模様を克服しようとする恋人たちを手助けしましょう。さて、あなたは愛を実らせるでしょうか?

任天堂-ア フォルド エーパート
A Fold Apart Launch Trailer
プラットフォーム Switch/PS4/Steam/Xbox One
ジャンル パズルアドベンチャー
プレイ人数 1人
価格(DL版) Switch-2,000円 Steam-2,050円
メーカー(開発元) Lightning Rod Games
リリース日 2020年10月15日

海外サイトの総合評価

ア フォルド エーパート
7.6 / 10 レビュワー
{{ reviewsOverall }} / 10 ユーザー (0 ユーザーの評価)
B+総合評価
グラフィック8
サウンド8
操作・快適性7.5
面白さ・リプレイ性7
Great

折りたたむのが斬新なパズルシステム

鮮やかな色彩で美しく描かれたグラフィック

感動的なストーリーと雰囲気の良いサウンド

Bad

ストーリー自体は短い

リプレイ性やクリア後の追加要素がない

プラットフォームによってはカクつく

解説

このゲームは、遠距離恋愛でコミュニケーションによるすれ違いによる感情を上手くパズルとミックスした作品だ。

この手の物語が好きな人には刺さること間違いないが、そうでないならば単調に感じるだろう。

ゲームの中心となるパズルは、非常にユニークで楽しく、後半になると複雑化する難易度もクリアできないほどではない。

物語がとても短いのが残念ではあるが、確かに記憶に残る感動的な物語だ。

海外ゲームレビューの評価&海外の反応

遠距離恋愛の心理をついた表現豊かなユニークなパズルゲーム

SCORE 75/100

NintendoWorldReportのレビュー

ラブストーリーはメディアでもよく見かけるが、遠距離恋愛の難しさが描かれているものは少ない。

このゲームは、一見お互いに完璧に見えても、毎日会えないという事実に対処するために、内心では大きな混乱に陥っているラブラブなカップルの物語を描いています

画面を様々な方向に折りたたむことで、主人公たちが移動する面を操作して、前進させていくユニークなパズルゲームです。

心温まる楽しい体験ですが、数時間で終わってしまいます。

出会いと恋に落ちた教師と建築家は、ある決断を迫られる。先生は大好きな田舎で安定した仕事をしているが、建築家は大都会での契約のオファーを受け、その仕事を受ける。

時差のある世界で仕事をすることになった二人は、メールを中心としたコミュニケーションを余儀なくされます。

この旅では、それぞれの登場人物の台詞の選択や、コミュニケーションによる誤解、また、テクノロジーを介してコミュニケーションを取ることで意味や意図が失われてしまう欠点が描かれています

もし、あなたが遠距離恋愛をしたことがあるならば、心打たれる物語になるでしょう。キャラクターがさまざまな感情で揺れ動く中、あなたは彼らの感情をナビゲートしてください。

対話の選択肢の他に、ゲームの主要な遊びは、フレーム間を移動するときのパズルです。

街並みや段差のあるステージでの移動は、画面をいろいろな形に折り曲げてキャラクターが進むための通路を確保しなければなりません。

全体的に難易度の高い折り紙パズルの挑戦は、ユニークな仕掛けも多く、シンプルながらも面白さがあります

ゲームは短いので、飽きずに最後まで楽しめます。

鮮やかな色使いと紙のような世界観で、全体的に美意識の高いアートスタイルに仕上がっている。

空に描かれた文字や意味深な言葉を使っているため、最初から最後まで信じられないような旅ができ、それを強力なサウンドトラックでバックアップしてくれます。

ここでのマイナス点は、パフォーマンスが時々荒いところがあることだ。定期的にカクつく不具合があり、気になって仕方なかった。

このゲームは、パズルを解くという点ではユニークな体験であり、紙を折って頭脳戦をするという点では、上から下まで楽しい体験ができます。

美しく作り込まれた環境、鮮やかな色彩、説得力のあるストーリーに加えて、プレイも見た目も最高のゲームに仕上がっている

フレームレートの問題さえなければ、2020年上半期の最高のパズル体験の1つになっていただろう。

  • 鮮やかな色彩で美しく描かれた世界
  • 何人かの人の心を打つ意味のあるストーリー
  • ゲームシステムは超ユニークです
  • フレームレートの問題が体験の妨げになっています
  • パズルは時に反復的に感じることがあります
  • 長さが問題になることもあります

短い冒険だが、きっと忘れられないものになるでしょう

SCORE 70/100

Video Chumsのレビュー

このゲームは、各キャラクターが男性か女性かを選択できるキャラクター選択画面から始まります。

何を選んでも、オレンジ色の方は自然を愛する先生、青色の方は都会に住む建築家のままです。

プレイヤーに選択権を与えることは、ゲームプレイや物語には全く影響しないので、むしろ称賛に値すると思います。

青いキャラクターは仕事のために街に移動し、オレンジ色のキャラクターは戻って普通の生活を送ろうとする。

もちろん、離れているのは嫌なので、お互いを慕いながら、様々な感情や巧妙にデザインされたパズルを体験していくというストーリーが展開する。

多くのインディーズゲームをプレイしていて、感情的なストーリーを描こうとしているものも多いが、その中で効果的に成功しているものはほとんどないと感じている。

このゲームの場合、物語が非常に明白で、地味で一本調子なものだと感じました。

厳しい言い方になってしまいましたが、この手の物語を好む人がいることは理解しています。

個人的には、繊細で深いストーリーの「Ghost Giant」の方が、感情を揺さぶられると感じています。

しかし、このゲームは信じられないほどスタイリッシュなビジュアルと優しい音楽で、雰囲気を新たな高みへと引き上げてくれる素晴らしい作品に仕上がっています。

基本的にキャラクターを操作して、3Dビジュアルを特徴とする2Dの写真のようなシナリオを移動していきます。

写真から写真へとキャラクターを移動させることで、違った表情を見せてくれることが多く、とても素敵な作品に仕上がっています。

正直、久しぶりにプレイしたインディーゲームの中では最高にカッコよく想像力に富んだ作品の一つだと思います。

ゲーム内では、2Dの実用的なパズルで各シナリオには表と裏があります。巧妙なのは、ステージを折りたたむことで、断線された道をつなぎ合わせていくということ

これがゲームの醍醐味で先に進むにつれてだんだんと難易度は上がっていき複雑化してきます。ただ、後半のパズルは非常にイライラさせられることがあります。

キャンペーンは、1~2回のゲームセッションで簡単にクリアでき、一度クリアしてしまえばリプレイの特典はありません。

収集品やチャレンジがないので、あっという間に終わりますが、この体験は確かに記憶に残るものです。やりがいもありますが、ボーナスキャンペーンやマルチプレイなどやりこみ要素があれば良かったのにと思う。

  • 驚くほど複雑になる巧妙なパズルゲーム性
  • 感動的なストーリー好きにはたまらない
  • ファンタスティックでスタイリッシュなビジュアルと音楽
  • かなり短くて、いくつかのパズルは非常にイライラさせることができます。
  • ストーリーが単調すぎると思う人もいる
  • リプレイ性には欠けます

恋愛模様とパズルが上手くミックスされたインディーズの逸品

SCORE 90/100

GameSkinnyのレビュー ※Steam版

おそらく、このゲームほど人間関係の複雑さをうまく捉えたゲームはないでしょう。距離がもたらす感情的な落とし穴や、コミュニケーションがお互いの理解をどのように彩るか焦点を当て、最終的には二人の間には深いつながり生まれます

まずこのゲームは、遠距離恋愛ゲームであることを理解しておくとが重要です。

途方も無い距離で隔てられたカップルが、日々のコミュニケーションの浮き沈みをかき分けながら、現実世界と感情世界の2つの世界で物語が展開していきます。

現実世界では、カップルのコミュニケーションは主にテキストメッセージで行われる。メッセージの多くは日常的な、あるいは平凡なものです。それはこのゲームを非難していると解釈されるかもしれませんが、正確にはその逆です。

それがこのゲームが優れている理由なのです。

このゲームには、彼女との会話の中から、まるで自分の携帯電話からテキストメッセージが直接引き出されたかのような瞬間があります。このような些細な事がプレイヤーの心に響く瞬間となり、このアンカーポイントが、物語全体に深く響くのです。

そして、もう一つの部分は、感情の世界が舞台となっています。カップルが二人の人生の物語や希望を分かち合う中で、どうしてもコミュニケーションのすれ違いや、恐怖や疑念、罪悪感が生まれてきます。

これらの感情が会話を脱線させると、あなたが操作しているキャラクターのどちらかが感情の世界に転落してしまいます。

ここで、ゲームのパズル、感情の物理的な表現を完成させます。

現実の世界は、しばしば活気に満ちて明るく生命に満ちているが、感情的な世界は、しばしばねじれたティム・バートンのピクサー映画の風刺画として表現されています。

建物は傾いて割れ、そして雷雲は遠くに不吉なほどに不気味に迫ってきます。憂鬱な色相が特徴的で、音楽もメランコリックなものが多いです。

パズル自体は簡単で、チュートリアルではハガキサイズの枠を左右から水平に折る方法が説明されています。次に、ハガキサイズの枠を裏返して折り返していくと、ゴールへの道ができます。

さらに、折り方を解いて、折り方を解いて、また折り方を変えて、さらに多くの道を作る方法を学びます。

これらの基本原則は、このゲームの初期の章やステージの多くで使われています。やがて複雑になり、角を折ったり、縦に折ったり、ブロックを使ったり、パズルを完全にひっくり返したり、パズルの片側から別の側にキャラクターを投げたりと、パズルが複雑になっていきます

ありがたいことに、パズルは物語の複雑さに合わせて進化していくので、途中で学んだスキルを駆使しなければなりません。しかし、決して乗り越えられないということはありません

パズルが解けた時、二人の出会いのシーンは感動モノだ

また、行き詰まったときには、ヒント機能を利用することができます。行き詰まったら、ゲームを一時停止してヒントを得ることができます。

必要に応じて、ボタンをクリックしたり、キーを押したりするだけで、ヒントシステムがゆっくりとポインタを表示して、パズル全体を解いてくれます

PCでプレイしたのでNintendo Switchの操作感はわかりませんが、Steamはマウスとキーボード、コントローラーの両方に対応しており、それぞれ全くこなる操作感です。

コントローラー上での動きやアクションは、信じられないほど流動的で直感的です。しかし、マウスやキーボードでは、パズルを解いているときの触感は完璧です。

このゲームはインディーズの逸品です。率直に言って、このようなゲームに捕らえられることはめったにありません。

  • ユニークなパズル
  • リアルで感情移入できる文章 ムービングサウンドトラック
  • 一部の読みにくい3Dテキスト
  • パズルはしばしば同じ感情を探求する
  • いくつかのパズルは非常に(非常に)短いです

ユーザーレビュー

ユーザーレビューは自由に投稿できます。メディアやメーカーの意見にとらわれない、ユーザー評価も参考にしてみて下さい。投稿が初めての方は、レビューの利用方法をご確認ください

みんなが言うには... あなたの評価を残してください
Order by:

Be the first to leave a review.

User Avatar User Avatar
Verified
/ 10
{{{ review.rating_title }}}
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

This review has no replies yet.

Avatar
Show more
Show more
{{ pageNumber+1 }}
あなたの評価を残してください

Your browser does not support images upload. Please choose a modern one

このゲームが好きな方にオススメ

リンク一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました